Appleが伝えなかったiPhone SE3に搭載されなかった6つの機能!セラミックシールド・MagSafe・5Gミリ波など

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、「Peek Performance」イベントでiPhone SE3を発表しました。

iPhone SE3はA15Bionicチップ搭載し、サイズと色は馴染みのある、4.7インチで赤・白・黒の3つのカラーバリエーションで5G対応です。

Appleが伝えなかったiPhone SE3に搭載されなかった機能を6つお伝えします。

iPhone SE3に搭載されなかった6つの機能

AppleがiPhone SE3に搭載しなかった6つの機能は以下の通りです。

セラミックシールド

セラミックシールドとは、ガラスにナノセラミッククリスタルを組み込んで作ったもので、ガラスの耐久性を増すものです。

Apple

iPhone12シリーズで初めて採用されました。

事前予想ではiPhone SE3に搭載されるものと信じられていました。

MagSafe充電機能

MagSafe充電機能はiPhone12シリーズ、iPhone13シリーズで採用された充電方法です。

事前予想ではiPhone SE3に搭載されるものと信じられていました。

防水性能

iPhone SE2はIP67を実現していました。

Apple

iPhone SE3ではアップグレードしてIP68になるのではないかと予想されていましたが、iPhone SE2と同じIP67のままでした。

シネマティックモード

 iPhone SE3は、iPhone13シリーズのフォトグラフスタイルとスマートHDR4の2つのカメラ機能を備えています。

しかしシネマティックモード機能が搭載されていないため、ビデオの背景をぼかすことはできません。

フロントカメラ

 iPhone SE3はiPhone SE2と同じ7メガピクセルのフロントカメラを搭載。

Apple

事前予想ではiPhone12と同じ12メガピクセルセンサーを搭載できると信じられていましたが、実際には大きなアップグレードはされませんでした。

5Gミリ波

iPhone SE3は、6GHz未満の帯域をサポートしますが、5Gミリ波帯域をサポートしてません。

そのため、大容量のデータのダウンロードでは十分な速度を提供できません。

価格

ストレージはiPhone SE2とiPhone SE3ともに、64GB、128GB、256GBのオプションがあります。

64GBモデルの価格は、iPhone SE2は49,800円からでしたが、iPhone SE3は57,800円からにアップしました。

参考:9to5Mac 写真 Apple

関連記事