インスタグラム「潜在的に有害」なコンテンツを下位に表示!いじめや暴力を予防

投稿日:

by saki

インスタグラムは「潜在的に有害」なコンテンツをフィードとストーリーの下位に表示することを発表しました。

「潜在的に有害」なコンテンツが目立たなくなり、ユーザーの目に触れにくくなります。

インスタグラム「潜在的に有害」なコンテンツを下位に表示

インスタグラムでは「間違いなく有害」であると見なされるコンテンツをすでに削除しています。

具体的には、危害の調整、医療用マスクおよび関連商品の販売、悪意のある表現、いじめや嫌がらせ、差し迫った暴力や身体的危害のリスクにつながる誤った情報を禁止するポリシーなど、現実の危害に寄与する可能性のあるコンテンツのこと。

Instagram

これに対し、「潜在的に有害」なコンテンツについてインスタグラムでは、いじめや悪意のある表現が含まれている可能性がある、または暴力を助長する可能性があるコンテンツと定義。

インスタグラムでは、「潜在的に有害」なコンテンツのランクを下げており、システムが自動で検出し、フォロワーのフィードとストーリーの下位に表示するとのことです。

「潜在的に有害」なコンテンツで見たくないと思ったときに通報機能で「報告する」ことでフィードのパーソナライズも可能。

報告コンテンツの履歴に基づいて投稿を報告する可能性が高いとシステムが予測した場合、フィードの下部に投稿が表示されるとのことです。

この新しい機能により、いじめや暴力に関するコンテンツの可視性が減り、予防になりそうです。

参考:Instagram via 9to5Mac

関連記事