iOS 14のデフォルトアプリ変更情報リーク!パブリックベータにはまだ来ていないが…

投稿日:

by メカ村

デベロッパー以外の人にも公開され始めたiOS 14、現在はApple IDがあれば誰でもiOS 14のパブリックベータ版にアクセスできるようになっており、各方面で様々な情報が共有されていますね。

現在一般公開されている方のパブリックベータには、すでに公表されているもののまだ実装されていない機能が多数あるのですが、その中の1つである「デフォルトアプリの変更」に関する情報がリークされました。

デフォルトアプリ変更にはアプリ側の対応が必要

AppleはWWDC2020でiOS 14を発表し、既存のiOS 13とは見た目にも機能的にも以前からユーザーに求められていた機能を実装する事を約束し、先日は一般向けテスト版であるパブリックベータ版を公開しました。

今までのパブリックベータ版は基本的に新しいOSの機能を一般試験するもので、多くの人に新機能の使用感フィードバックや不具合の報告を募るモノなのですが、iOS 14に限ってはサードパーティアプリ側が対応しないといけない機能が多く、未だ体験できない機能は多い状態です。

その体験できない機能の1つである「デフォルトアプリの変更」について、Apple関連のITニュースメディアである9TO5Macがこれを体験したとして、そのレポートを公開しました。

「デフォルトアプリの変更」はSafariとデフォルトメールアプリをサードパーティ製のものに置き換える機能なのですが、現状まだサードパーティ側に技術提供がされておらず対応しているアプリが存在しないため、パブリックベータ版でも提供されずテストもできない状態でした。

本来はまだ公開されていない機能なのですが、どういうワケか9TO5Macは一足先にこの機能を体験できたそうで、サードパーティブラウザを想定したテスト用の「TestBrowser」に自動遷移する様子を公開しました。

レポートの動画では電話帳画面の「home page」をタップして、Safariではない「TestBrowser」という簡素なブラウザに遷移しているのが確認でき、当然といえば当然ですが動作はかなりサクサクしています。

前述の通りサードパーティ側の対応が必要な機能なのでパブリックベータ版では公開されないと考えられており、9TO5Macによればこの機能は正式リリースまで一般公開されない可能性があるそうです。

これと同様の理由で、アプリを全部ダウンロードしなくてもアプリの一部を体験できるようになる「App Clip」も公開されない予定のようです。

まとめ

「デフォルトアプリの変更」や「App Clip」などがまだ体験できないのは残念ですが、iOS 14の公開まであと2ヶ月前後となってきたので、正式リリース後の楽しみとして待つのも良いですね。

機種ごとに開放される機能に制限が多そうなアップデートですが、久しぶりに見た目にも機能的にも大きく変わるアップデートなので、早く正式版を触ってみたいところです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事