MacOSの「Proモード」とは?処理能力のリミッター解除機能が実装へ

投稿日:

by Amamin

macOS 10.15.3 betaの中に「Proモード」と呼ばれる記述があることが明らかになりました。

この機能を使うことで、Macのリミッターを一時的に外し処理能力が向上するようですよ。

MacOSのプロモードとは

通常、MacBook等のバッテリーを考慮しプロセッサの能力は一定の制限がかけられています。

このProモードは処理能力の制限を解放し、一時的にアプリケーションの処理速度を向上させるものです。

もちろんその反面バッテリーの減りが大きくなりますし、ファンがうるさくなるでしょう。

この点に対して、Proモードを使う際に注意文言として以下の文言が用意されています。

「Proモードを使うことでアプリはより高速になりますが、バッテリーの減りが早くなりファンによる騒音が増すことが想定されます。」

Proモードと呼ばれているので、恐らく使用できるのはMac Pro、MacBook Pro、iMac Proのシリーズになるでしょう。

ただしMacBook Pro15インチ(mid 2019)モデルは排熱に問題を抱えているという報告もある為、使えないモデルも出てきそうです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5mac.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事