iPhoneの電池が切れたままSuicaは使えるのか? 使えない時の対応方法

更新日:

by Amamin

バッテリーが切れてしまったら、Suicaが使えないので電車やバスに乗って帰れない…と悩んでいる人も多いはず。

でもiPhoneの機種や使い方によっては電池切れでもSuicaは使えるみたいですよ。

電池切れiPhoneでもSuicaが使えるケース

iPhone XS/MAX,iPhone XRは確実に使える

iPhone XS/MAXには予備電力が付いているので、エクスプレスカード(Suica)であれば電池切れを起こしてから5時間は使うことができます。

バッテリー切れのiPhoneには「エクスプレスモードのカードが利用できます」と表示があり、その間はSuica等が利用できます。

使い勝手はこちらの動画が分かりやすいでしょう。

しかしながらずっと使えるという訳ではなく最大5時間が限界なようですよ。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR では、iPhone の充電が必要な状態になっても最大 5 時間まで予備電力機能付きエクスプレスカードが使えます。

Appleサポート

iPhone7〜iPhoneXでも使えるかも

では予備電力を持っていないiPhone7〜Xの場合はどうなるのか?というと、engadgetがJR東日本に確認したところ「しばらくは使える」という回答を得ました。

「基本的には、(Androidスマホ等にすでに提供中の)モバイルSuicaと同じイメージ。電池が切れてもしばらくは使える。ただ可能であれば充電して使っていただくことになる」

(JR東日本広報部)

ただし予備電力を持つiPhoneXS等でも最大5時間です。

予備電源の”無い”iPhone7〜Xの場合はせいぜい1時間程度だと思って置く方が良いでしょう。

バッテリー切れからの経過時間によっては通れないケースもあるようです。

QUICPayやiDはどうなる?

結論から書くと、QUICPayやiDはバッテリー切れのiPhoneでは使うことはできません。

理由はロックを解除しないと使えないQUICPayやiDはエクスプレスカードではない為です。iPhoneのバッテリーが切れてしまった場合は充電するしか方法はありません。

電池切れiPhoneでSuicaが使えないケース

バッテリーが0%になってから数時間しかSuicaが使えないなら「電源をOFFにしておけば良い」と思われるかもしれませんが、これはNG。

電源がOFFになっていると、予備電源が機能しない為Suicaは使えません。

iPhoneのSuicaが使えない時の対応

予備電源も切れて、Suicaが完全に使えない…。そうなった時の最終手段は1つしかありません。

「駅員さんにその旨を伝える。」ということですね。

この場合は、乗った駅を伝えるコトで降車駅までの区間の運賃を”現金”で支払うことになります。

Q.携帯電話が電池切れとなっても使えますか。

A.電池の残量が完全になくなると全てのサービスがご利用いただけなくなります。なお、改札から入場後にこのような状態になった場合は、SF(電子マネー)、定期券いずれのご利用であっても、ご利用区間の運賃(必要により料金)を全額現金でお支払いいただきます。電池の残量には十分ご注意いただき、きちんと充電された状態でのご利用をお願いします。

JR東日本

改札を出てからiPhoneを充電したら、再度改札を通る時にエラーが生じる可能性があります。なぜならiPhoneに改札を出た記録がないからです。

その場合は再度駅員さんにその旨を伝えると、iPhoneのSuicaに改札を出た記録を入力してもらえますよ。

ちなみにSuicaを使っている方はコチラの設定をしておこないとかなり損をしちゃうので要チェックですよ。

Suicaでポイント還元する方法!モバイルSuicaなら還元率4倍

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事