Apple iOSアプリのサイドローディングに反対!ウィルス感染はAndroidとWindowsで7割以上

投稿日:

by kenji

AppleはiOSアプリのサイドローディングを義務付ける米国の反トラスト法に反対していますが、AndroidやWindowsデバイスでのマルウェアなどウィルス感染の危険性が明らかにされ、話題になっています。

Appleはウィルス感染などセキュリティ上の問題からiOSアプリのサイドローディングに反対

9to5Macによると、Appleは、iOSアプリのサイドローディングに反対するため、上院司法委員会に書簡を送ったことが判明。

Appleから上院司法委員会に宛てた書簡は、3月3日付で、Appleの政府問題担当シニアディレクターTimothy Powderly氏によって署名されており、サイドローディングに関連する Apple のセキュリティ上の懸念は「根拠がない」と議員に語った暗号学者Bruce Schneier氏に反論するものです。

Appleは、Nokiaの2021年の脅威インテリジェンスレポートを引用し、感染したデバイス全体の50.31%をAndroidデバイスが占め、続いてWindowsデバイスが23.1%、macOSデバイスが9.2%でした。

Appleは、iPhoneなどのiOSデバイスのウィルス感染の割合は非常に小さいため、特定することさえできず、代わりに「その他」に分類されていることを強調。

iPhoneなどのiOSデバイスのウィルス感染の割合が低いのは、App Storeが提供する多くの保護機能のおかげであり、サードパーティのアプリ ストアでは不可能であると、Appleは伝えています。

ハッキングされているiPhoneの確認方法チェック項目7つ!3つの原因と解決方法

参考:9to5Mac

関連記事