Apple Watchのトランシーバーアプリに盗聴の恐れ

投稿日:

by maruuo

Apple Watchのトランシーバーアプリに脆弱性が見つかり、現在機能が停止されています。

その脆弱性とは「無断で会話を盗聴できる」というものになります。

トランシーバーアプリに盗聴の恐れ

トランシーバーアプリとは同意した2名が「Talkボタン」を押して会話できる機能を持つアプリです。

このアプリに第三者が同意を得ること無くトランシーバーアプリ間の会話を盗聴できることが明らかになった訳です。

この脆弱性はAppleが独自に見つけたもので、悪用された形跡や実害の報告は今のところありません。

この問題が修正されるまでトランシーバーアプリは使用できません。

以前FaceTimeのグループ通話が受話前に音声が聞こえてしまうバグがありましたが、このバグが直るにはiOSのアップデートが必要でした。

トランシーバーアプリが再度利用できるようになる為にはwatchOSのアップデートが必要になるのかもしれません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事