【小技】勝手にアプリが起動してしまうリンクをSafariで開く方法

更新日:

by ともぞう

今更感が満点かもしれませんが、Safariなどでリンクをタップすると不意にアプリが起動してしまうのを回避する方法をご紹介します。

知っている方には当たり前の方法かもしれませんが、私自身がすっかり忘れていた方法だったので改めて記事にしてみました。

リンクを開くと対応アプリが起動してしまう問題

GoogleでAmazonの製品を検索して並んだ結果から詳細を見ようとリンクをタップすると…

『Amazon』アプリが起動しちゃって、あー今はいいのに…なんてことありますよね。私はよくこれをやってしまいます。

それがもう指名買い予定のものならいいのですが、どんなのがあるかなと見ている時は、Safariで検索結果から色々見たいという時もあるんですよ。

あとは検索結果からTwitterの投稿URLを開こうとしても同じ様に、Twitterアプリが起動しちゃうんですよね。あれも、あ、いやSafariで表示してくれればいいんだけどなと思ってました。

で、その解決方法になる方法がEngadgetさんで紹介されていまして、ちょっとした事で解決できることが分かったのでご紹介させて下さい。

長押しか3D Touchを使えばそのままSafariで開ける

聞けばそんなことも忘れていたのかよ…という方法なのですが、例えばAmazonの商品をGoogleで検索して開こうとした場合で説明していきますね。

何も考えずに検索結果からポチッとAmazonの商品ページのリンクをタップすると、Amazonアプリが起動してしまいます。(アプリを入れている場合)

それを回避したい場合には、リンクを3D Touchでぐっと2段階目まで押し込めばアプリが起動せずそのまま開けます。ああ、そういえば3D Touchにそんな機能ががあったっけ…と思い出しました。

しかしながらこれだと同じタブで開いてしまい他の検索結果を見たい場合には戻らないといけません。そこで新規タブで開きたい場合は、3D Touchの1段階目でリンク先のプレビューを表示したら、

そのまま上スワイプするとメニューが出てくるので「新規タブで開く」を選べば、アプリが起動せずに新規タブで開くことができますよ。

また3D Touchがない機種もしくは3D Touch以外の方法では、リンクを長押しすれば「新規タブで開く」のメニューが出てくるので、これを使えば不意にアプリが開いてしまうことが回避可能です。

聞いてしまえば以前からある機能でなんだ…って話なのですが、以外とこんなところで3D Touchの活用方法があるんだなと改めて気付かされたのでご紹介させていただきました。

いざ知ってから使うようになると意外と便利なので、ぜひお試しあれ!

⇒⇒【小技】iPhoneでGIFのまとめ記事を一気にみる方法

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事