Suicaアプリにログインできない人が急増…原因はパスワードの仕様変更

更新日:

by ともぞう

先週金曜日にiPhoneが発売されてからTwitterで投稿が増え始めているのが、Suicaアプリにログインできないというもの。

機種移行に伴い最初にSuicaのログインが必要になったのが理由と思われるのですが、そのログインできない理由がまた酷いものだったんです。

関連:iPhoneを再起動する方法 |解決しない時は強制再起動を使おう

パスワードの仕様変更が関係

現在Twitterで「Suica ログイン出来ない」で検索すると、ログインできないと嘆く声が大量に見つかります。

 

 

 

一体どういうことなのかと思いきや、その原因がTogetterにまとめられてまして、それがまあ酷い話なんです。

というのも、Suicaのログイン時に設定するパスワードが、見かけは9桁以上入力可能だったにも関わらず内部的には8桁目までしかパスワードとして読み取っていなかったことのようなんです。

つまりパスワード登録時に「1234567890AB」というパスワードを入力していたとすると、システム側は8桁目までの「12345678」までしか認識していない状態。

しかも見かけ9桁以上のパスワードが入力されても内部処理的に9桁目以降はカットされていたようで、問題なくログインできていたように見えるからさらに厄介なんです。

そのような状況でパスワードの仕様が変更され桁数は20桁になり今まであった9桁目以降カットがなくなったようで、内部的には8桁、ユーザーが正しいと思っている9桁以上のパスワード一致しないいのでログインできなくなった模様。

本人はパスワードを変えていないですし、間違っている訳がないと思うので何度も試すと思うのですが、この仕様を知らなければ先頭の8桁だけを入れるなんてやる訳がありませんよね。

さらに厄介なことにSuicaのログインは複数回パスワード認証に失敗するとロックがかかり、一定時間を経過するかコールセンターに電話しないと解除できないんです。

しかも同様の問い合わせが多いのか、コールセンターは混雑しており全然電話が繋がらないと嘆く声も。

 

さらにロックがかからなくても、パスワードの再申請手続きには人が対応しているようで、再申請の手続きすらできないというもう地獄のような状況になっているようです。

 

 

現状調べる限りは、アカウントロックがかかっていなければ「Suicaパスワード再設定専用フォーム」で手続きをするか、「モバイルSuicaコールセンター」に電話するしか解決する手段がないという状況は、ログインできなくなった人からするともう怒りしかないでしょう。

携帯総合研究所によれば、Q&Aページにて問題の仕様変更の説明と先頭8桁でログインしてほしいと案内していたそうなのですが、なぜかその説明は現在削除されているようです。

なぜこんな重要な情報が削除されたのかは分かりませんが、パスワードの仕様変更までに案内を出していればここまでの騒ぎにならなかったと思うのですが、これからのJR東日本の対応には注目です。

【ログイン出来なくなった方へ】

JR東日本のSuicaパスワード再設定専用フォームはこちら
申請内容入力 | Suica Apple Pay よくあるご質問(受付は8:00~22:40のみ)

アカウントロック解除の為のコールセンターの番号と受付時間は以下になります。
⇒ 050-2016-5005 (受付時間 7:00~23:00)

⇒⇒iPhoneの位置情報の履歴が丸わかり!確認するなら「利用頻度の高い場所」

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事