VRでアインシュタインになりきるだけで成績が上がる!?驚きの実験結果が発表

投稿日:

by ryo

皆さんは自分に自信を持てていますか? 自信を持つという事は大切な事のようです。

自尊心が低い人がVRによってアインシュタインになりきる事で、テストの成績が上がるという驚きの結果が発表されました。

アインシュタインになる事で自信を感じ、本来の力を発揮できるようになるとの事。不思議ですね。

VRで他人になりきるだけで、心には様々な変化が

バルセロナ大学は、「自尊心の低い人はVRによってアインシュタインになりきるだけで、認知テストの成績が上がる」事を発表しました。

VRでなりきるだけなんて、まるで嘘のような話ですが、しっかりと研究結果が論文にまとめられていますよ。

実験には30名の成人男性に参加してもらい、VRを使って15名が年老いたアインシュタイン、残りの15名は一般的な男性になりきってもらったとのこと。

動きを捉えるスーツを着用してVR空間に反映させる事で、かなりリアルにVR空間内の人になりきる事が可能に。

30分間自由に過ごしてもらい、その後、認知力を測るテストを実施したところ、「アインシュタインになりきった人のうち、元々自尊心の低かった人はテストの成績が上がった」そう。

その一方で、元々自尊心が十分あった人や、一般の男性になりきった人はテストの成績に変化はありませんでした。

この事から、「社会的に認められた偉大な人物になりきる事によって、自尊心が上がり、結果として脳のパフォーマンスが上がった」事が分かりますね。

このような、仮想の体から現実の自分が影響を受けるような現象は「バーチャル・エンボディメント(虚像の具現化)」と呼ばれ、現在研究が進行中。

他の例としては、「黒人のアバターを用いた白人は、黒人に対する偏見が減少する」事などが確認されています。

今回の実験の対象は男性のみでしたが、女性に対しても同様の調査を行い、同じ結果が得られれば今後の研究への期待も広がりそうです。

Slater教授は、「この研究は、自尊心の低い人がよりパフォーマンスを発揮できるように手助けする事ができる」と述べており、特に教育分野での応用に期待を寄せていますよ…!

VRでアインシュタインになりきるだけで認知テストの成績が上がるなんて、人間の脳は本当に不思議ですね。

ただ、こんなに簡単に影響を受けてしまうとなると、VRが洗脳など危ない方向に使われないかが少し心配になってしまいます…。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:ScienceAlert

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事