LINEに引用のような「リプライ」機能が搭載。メンションとはちょっと違うよ

更新日:

by ゆう

LINEに「リプライ」機能が搭載されました。グループトークなどで使うと便利なので、簡単にご紹介します。

また似たような機能として以前から使える「メンション」というものがありますが、使用場面はちょっと違うので、これらの違いもご説明しますね。

過去のメッセージを引用して返信できる

リプライといえばTwitterのリプ(返信)のようなイメージを持つかもしれませんが、LINEの「リプライ」機能は引用返信といった感じです。

例えばグループトークでの誰かのメッセージを長押しして、「リプライ」という項目をタップ。

すると誰かのメッセージに対して、自分の返信を入力できるようになります

投稿すると、このようにメッセージを引用して返信したようなかたちになりました。

引用元の部分をタップすると、このメッセージがあった箇所まで飛びます(画面が移動します)。

自分が投稿したメッセージに対しても可能。自分の過去の発言をさかのぼり、引用しつつ補足メッセージを入力なんてことができるわけですね。

流れていったメッセージを引っ張り出したいときにも便利です。

グループトークルーム内でリプライ機能を使用すると、引用されたユーザーだけでなく全ユーザーに対して通知が送られるようです。引用されたユーザーにだけ通知がいけばいいのでは……と思いましたが、全ユーザーに通知が送られてしまう模様。

メンションとの違いは?

実は、LINEにはすでに「メンション」という機能が搭載されています

「リプライ・メンション」の文字だけ見るとどちらも”返信のイメージ”でごっちゃになってしまいそうですが、異なる機能なので簡単にご説明を。

グループトーク内で「@」を入力するとグループ内のユーザーが表示されます。

こうすることでグループトーク内の特定の友だち宛にメッセージを送ることができるのがメンション機能。誰に対しての発言なのかが一目瞭然ですね。

リプライは引用返信のイメージで、メンションは宛先を指定できるイメージです。

さらに詳しい内容はコチラで説明してますよ。
LINEがアプデで「@メンション機能」と「360度写真の表示」などに対応! しかし使い所が…

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事