MacでもiPhoneアプリが使えるようになるかも!来年のWWDCで発表か

投稿日:

by yumi

iPhoneのアプリがMacでも使えるようになりそうです。米メディアBloombergによると、早ければ2018年中にもiOSアプリとMacOSアプリが統合されるとのこと。

Apple製品の使い勝手がさらに良くなりそうですね!

iPhoneでもMacでも同じアプリを使えるように

米Bloombergは匿名の情報筋から得た情報として「Appleは早ければ2018年中にもiOSとMacOSのアプリを統合する」と報じました。

iOSアプリに比べMacOSアプリは更新頻度が低かったり、そもそもリリースされてなかったりでMac App Storeはなんとも寂しい状況が続いています。

例えばTwitterを見てみると、iOSの最終アップデートは12月16日なのに比べ、MacOSは3月20日。

この差はやはりユーザー数の違いもあるでしょうし、そこまで開発費や時間をかけられない…という開発者のリソースの問題があるのでしょう。

しかしこれが統合されるとなれば開発費も時間も1つに集中すればいいので、開発者からすればかなり手間が省けますし、私たちユーザーも常に新しいバージョンのアプリが使えるようになり、利便性もアップするというまさにWin-Winの形に。

この統合は「Marzipan(マルチパン、マジパン)」という名称でプロジェクト化されており、例年6月に開催されている来年のWWDCで、MacOSのアップデート内容として発表されるのでは…と言われていますよ。

Mac+iPhoneユーザーとしては楽しみな話ではありますが、iPhoneはタッチ操作、Macはトラックパッドもしくはマウス操作。この操作性の違いが気になるところではありますね…。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Bloomberg

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事