【AbemaTV】通信量が最大約10分の1になる「通信節約モード」を提供開始

投稿日:

by ryo

元SMAPの3人が出演したとして話題になったAbemaTV

インターネットテレビ局として、ニュースやアニメなど幅広い番組を楽しむ事が出来ますが、外出先で使うとなると気になるのは通信量。

しかし今回、AbemaTVでは通信量が最大約10分の1になる「通信節約モード」の提供を開始しました。実際に使ってみた様子を紹介します!

「通信節約モード」で通信量を抑える

今回紹介するのは、AbemaTVでサービス提供を開始した「通信節約モード」。以前からあった画質設定に加えて更に増える形となっています。

通信量は目安として1GBあたり約10時間の視聴が可能となっている模様。

画質が「最高」の場合には1GBあたり約1時間の視聴が可能となっているので、通信量は最大約90%カットという事になりますね。

AbemaTVで画質を設定するには、右上の「≡」から「設定」→「画質設定」→「モバイル回線時」/「Wi-Fi回線時」を選ぶ事で変更可能。

通信キャリアとの契約や利用環境によって画質設定を変えておくようにしましょう。

では、実際に「通信節約モード」を使った場合にどの程度の通信量となって、画質はどうなるのかを比較しながら見て行きましょう。

まずは、画質が「最高」の状態。Wi-Fi環境が無いとさすがに利用は厳しいかと思いますが、その分画質もかなり綺麗になっています。

次は「通信節約モード」の場合。

画面で伝えたい情報は十分分かりますが、細かい部分が潰れてしまっていて必要最低限といった感じの画質です。

携帯電話でワンセグ放送を視聴していた方にとってはさほど苦にはならないかもしれませんね。

さて画質の方は最低限といった状態ですが、その分通信量が節約出来ていれば外出先で番組を視聴したい時にも使えるので気になるところ。

実際に番組を20分間視聴する事でかかった通信量を比較してみますよ。

まずは、画質が「最高」の場合。20分の使用で400MB強となりました。

次は「通信節約モード」。20分間での番組視聴で通信量は約40MBとなりました。

番組によっても通信量は変動しますが、画質設定を変える事で実際に通信量を10分の1にまで節約する事が可能となっている事が分かりますね。

以上、AbemaTVでサービス提供が開始された「通信節約モード」について紹介しました。

ある程度画質には妥協できるという方にとっては通信量をかなり節約出来るので、手放せないプランとなりそうですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

ryo

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事