対策は?盗まれた/失くしたiPhoneが「売り飛ばされるまでの手口」が公開される

投稿日:

by yumi

世界中で人気のiPhoneは犯罪者にも人気なようです。最近に始まったことではないですが、高級スマートフォンに分類されるiPhoneは強盗にとって格好のターゲット。

とは言えiPhoneにはアクティベーションロックという便利な機能があり、持ち主の知らないところで転売されたiPhoneは使えないはず…なのですが、なんと裏社会ではこのアクティベーションロックを回避する方法が出回っているのだとか(;´Д`)

対策も含めて詳しくご紹介します!

そもそもアクティベーションロックとは

今回、盗まれた/失くしたiPhoneがどのようにして転売されているのか、その方法を明らかにしたのはコンピュータ・インターネット用のセキュリティ関連製品の開発販売を行っているトレンドマイクロ。

そもそもiPhoneの窃盗事件は発売以降ずっと右肩上がりでしたが、iOS 7から導入された「アクティベーションロック」によって減少傾向にありました。

このアクティベーションロックとは、もしiPhoneが盗難にあっても他人に使われないように保護してくれるもの。

ユーザーが設定からアクティベーションロックをオンにしていれば、もし犯人がiPhoneを使おうとしてもApple IDとそのパスコードなしでは何もできない=iPhoneを盗んでも使うことができない=盗み損というわけですね。

上述した通り、このアクティベーションロックによってiPhoneの窃盗事件は減少していた…のですが、トレンドマイクロによるとこのアクティベーションロックを回避する巧妙な手口・方法が裏社会で出回っているとのこと。

その中でも特にメジャーなのが、「Appleを装ってフィッシングメールを送る」というもの。

ユーザーはiPhoneを盗まれて(失くして)焦っているわけで、そこにAppleを装い「紛失したiPhoneが見つかりました。確認のためiCloudにサインインしてください」というような内容のフィッシングメールを送り、Apple IDとパスコードを聞き出すわけですね…。

普段は騙されないユーザーも、iPhoneを失くして焦っている状態だと入力してしまう可能性が高そうです。

しかもこれらは手作業ではなく、「ツール」として出回っているようですよ。さらに中には

  • iPhoneの電話番号
  • パスコードの長さ
  • アクティベーションロックの有無

を調べ、ロック解除に成功後Apple IDのアカウント紐付けを解除するところまで自動で行うツールもあるのだとか…。

こう聞くと、iPhoneユーザーとしては他人事ではないですよね(;´Д`) しっかりと対策しておきましょう!

対策をしておこう

まずはアクティベーションロックをオンに。iPhoneの設定アプリ→一番上にあるアカウント→iCloudへと進み、

「iPhoneを探す」をオンにすればOK。これだけでアクティベーションロックがオンになります。

さて、このアクティベーションロックを回避する方法として「フィッシングメール」がメジャーとお伝えしました。ということはフィッシングメールに引っかからなければ、盗まれたiPhoneを転売される可能性も減るということ。

なのでもしiPhoneを盗まれた時、実際にはどのような対処をするようになるのか知っておきましょう。

  1. パソコンからicloud.com/findにアクセスしサインイン(もしくは別のiPhoneやiPadで『iPhoneを探す』アプリを起動)
  2. デバイスを選択してその位置を地図上に表示させる
  3. 「紛失モード」をオンに。デバイスをロックしたり、ロック画面にメッセージを表示したり、デバイスの位置を追跡することが可能

ここまで行ってもiPhoneを見つけられない場合は、

  1. デバイスを紛失した、または盗難にあったことを警察・キャリアに届け出る
  2. 個人情報の流出を防ぐためデバイス上の情報を消去する(ただし「iPhone を探す」を使ってデバイスを探すことが不可能になり、アクティベーションロックもオフになるので、他人が使えるようになる)

さて、お気づきだと思いますが、これらは自主的にiCloudにサインインし行うもの。Appleから「デバイスが見つかりました。確認するにはiCloudにサインインを」なんてメールが来ることはありません。

最低でもアクティベーションロックをオンにし、「Appleからメールが来ることはない」と知っておくだけでも対策になると思いますが、さらに「2ファクタ認証」をオンにしておくことで強固になるはずです。

2ファクタ認証についてはこちらで詳しく紹介していますので、ぜひオンにしておきましょう。

そして最後に、バックアップは定期的に!そして外出先ではiPhoneをテーブルに置いたままトイレへ…などしないよう注意しましょう!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Trend Micro via GIZMODO

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事