次期ワイヤレス充電規格Qi2で磁石の強度が義務付け!MagSafe技術採用

投稿日:

by saki

Apple

今週半ば、次世代の充電技術Qi2に、AppleのMagSafe磁気充電技術を組み込むことが発表されましたが、磁石の強度が義務付けられることが確認されたとのことです。

次期ワイヤレス充電規格Qi2で磁石の強度が義務付け

今週米国時間の1月3日、ワイヤレスパワーコンソーシアム (WPC)は、次世代の充電技術Qi2に、AppleのMagSafe磁気充電技術を組み込むことを発表

Qi2は、Appleが提供するMagSafe充電技術に基づいて構築された新しい統合ワイヤレス充電規格とのことです。

Qi2には磁気電力プロファイルが組み込まれており、Qi2を採用するデバイスは、 iPhone12以降に搭載されているMagSafe磁気充電技術を使用することになります。

The Vergeによると、WPCの広報担当者のPaul Golden氏は、Qiワイヤレス充電規格の次のバージョンであるQi2では、電気的特性に加えて、磁石の強度、サイズ、および寸法が義務付けられることをメールで確認。

磁石のサイズ、寸法、強度を指定して、Qi2ワイヤレス充電器とデバイスがしっかりとくっつくようにするとのことです。

WPCは、Qi2規格は今年2023年後半に登場し、現在のQi規格に取って代わると伝えています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:The Verge 関連記事:Apple

関連記事