iPhone Xの「切り込み」、2020年発売のiPhoneで完全に失くなる?

投稿日:

by yumi

予約開始が迫ったことで、発表前のようにiPhone Xの話題が増えてきました。

今回、情報が入ってきたのはiPhone Xのデザインについて。iPhone Xのデザイン面の特徴といえばやはりベゼルレスですが、上部にある「切り込み」も賛否両論あるものの大きな特徴ですよね。

その「切り込み」、どうやら2019年発売のiPhoneまで継承され、2020年発売のiPhoneで消失=完全な全面ディスプレイが実現するとのことですよ!

2019年までは同じデザインに?

2019年発売のiPhoneまではiPhone Xと同様「切り込み」があり、2020年発売のiPhoneでは「切り込み」が消失、完全な全面ディスプレイが登場する…その予想の出処は、韓国メディアDigital Dailyが掲載した1枚の資料でした。

Digital Dailyによると、今年韓国で開催されたディスプレイ技術の国際会議「IMID 2017」にて、Appleの特許ポートフォリオとされる資料が紹介されたんだそう。それがこちら⇓

「Flexible AMOLED estimation for iPhone(iPhone向けのAMOLED概算)」というタイトルの資料で、タイトルの下にはiPhoneらしき端末のイラストが。

そして真ん中2つのiPhoneには

  • 2017〜2019:左右に広く切り込みがあるデザイン
  • 2020〜:全面ディスプレイで切り込みがないデザイン

という説明が!

この資料を誰が作り誰が発表したのかは分かっていませんが、Appleがスマホの購入サイクルを2年から3年に伸ばし、大幅なデザイン変更もそれに伴うことを考えると、なかなか興味深いものと言えますよね…!

さて、この資料にはもう1つ興味深い点が。それが一番右端に書かれているイラスト。

一見「iPadも全面ディスプレイになるってことかな?」と思いきや、どうやらiPhoneとiPadが一体化した端末「折りたたみiPhone」を示しているようなんです。

こちらも「2020〜」とありますが、これは通常のiPhoneと折りたたみiPhoneの2モデルが登場するということなんでしょうか?

いま一番楽しみなのは目先のiPhone Xで間違いないですが、こうした未来の話も私たちをワクワクさせてくれますね…!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Digital Daily

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事