Safariで表示されているQRコードをそのまま読み取る方法

更新日:

by yumi

先日、標準カメラでQRコードを読み取れるようになったとご紹介しましたが、実はこのQRコードについて、他にも便利な機能が使えるようになっていました。

Safariで表示されているQRコードをそのまま読み込むことが可能となったんです!詳しくご紹介しますね。

QRコードをそのまま読み込める

iPhoneのSafariでネットサーフィンしている時…「続きを見るにはQRコードを読み込んでね」だったり「応募先はQRコードで!」なんてサイトを見かけること、たまーにありますよね。

こういう時ってPCでわざわざ表示させてからiPhoneで読み込んだり、サードパーティ製のQRコードアプリを使って読み込んだり…という方が多かったと思うんですが、Safariで直接読み込めるようになりました!

どういう風に使うかと言うと、こんな感じでSafariでQRコードが表示されたらQRコードを長押しするだけ(今回はかみあぷが開くQRコードだったので、リンク先が表示されています)。

URL以外にも連絡先だったりカレンダーへのイベント追加だったり、さまざまなQRコードをそのまま開くことができますよ。

ちなみに…3D Touchが使えるiPhoneならば、QRコードを3D Touchすることにより、リンク先をみることができます。怪しいサイトなどにアクセスしてしまう可能性も減りますね。

そこまで日常的に使うわけではありませんが、たまに使う機会のあるQRコード、覚えておくと便利に使えそうです。ぜひお試しください!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事