【注意】iOS 11のコントロールセンターでは「Wi-Fi/Bluetooth」はオフにできないぞ

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

昨日リリースされたばかりのiOS 11。かみあぷでは新機能や新仕様について昨日今日とご紹介しておりますが、「コントロールセンターでWi-Fi/Bluetoothがオフに出来ない」というコメントがいくつか寄せられました。

一体どういうこと?と思われた方も多いと思うので、本記事ではコントロールセンターのWi-FiボタンとBluetoothボタンについてご紹介します!

コントロールセンターが新仕様に

iOS 11のコントロールセンターは見た目の変化に加え、カスタマイズが可能になるなどiOS 10から大きく変わりましたよね。よく使う機能を追加できるようになったので、これは素直に嬉しいころ。

コントロールセンターについて詳しくはこちらの記事をどうぞ

その反面、Wi-Fi/Bluetoothボタンに関しては戸惑いの声が。

というのもiOS 10まではコントロールセンターからWi-Fi/Bluetoothをオフにすると「完全に無効になるオフ」だったのですが、iOS 11では違う動作になってしまったんです。

ちょっとややこしいのですが、コントロールセンターでWi-Fi/Bluetoothをオフにした場合、

  • iOS 10:Wi-Fi/Bluetoothそのものが完全に無効になる
  • iOS 11:Wi-Fi/Bluetoothアクセサリとの接続は切断されるが、Wi-Fi/Bluetoothは引き続き利用が可能

というように変わりました。そして以下の機能は、コントロールセンターでWi-Fi/Bluetoothをオフにしていても使える機能となっています。

  • AirDrop
  • AirPlay
  • Apple Watch
  • Apple Pencil
  • Handoff
  • Instant Hotspot
  • 位置情報サービス

実際、Wi-FiとBluetoothに接続していないと使えないAirDropは、コントロールセンターでWi-Fiをオフにしても利用が可能でした。

なかなかややこしいのですが、「iOS 11ではコントロールセンターでWi-Fi/Bluetoothをオフにしても、完全に無効になったわけではない」と覚えておくと良さそうです。

ちなみにセキュリティ面やバッテリーの節約のためWi-Fi/Bluetoothを完全に無効にしたい場合は、iPhoneの設定アプリ→「Wi-Fi」もしくは「Bluetooth」からそれぞれオフにすればOKですよ。

ということでiOS 11のコントロールセンターにあるWi-Fi/Bluetoothについてご紹介しました。ちょっと厄介な仕様となってしまいましたが…今後、どういうオフにするか選べるようになれば嬉しいですね><

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事