【iPhone 8】ホームボタン廃止で機能的に?HomeBarを搭載したコンセプトイメージが便利そう

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

様々な噂が飛び交うiPhone 8、HomePodのファームウェアから様々な情報が明らかになってきていますが、まだまだその全容はわからない状態ですね。

特にベゼルレスや変形ベゼル部分の表示が気になるところですが、非常に機能的なコンセプトイメージが公開されていたので紹介させていただきます。

HomeBarという新しい考え方

iPhone 8は現在、「変形ベゼルを備えたほぼベゼルレス」「物理ホームボタンの廃止」という情報を元に、変形ベゼル部分の表示パターンコンセプトや既存アプリの表示コンセプトなどが作成・公開されていますね。

いずれも基本的には現行のiPhone表示に近しいデザインが多いのですが、デザイナーであるジョン・カルキンズさんは「物理ホームボタンが廃止される事によって考えられるHomeBar(仮称)」といった感じの、新しいデザインコンセプトを公開しました。

このコンセプトは具体的に、「物理ホームボタン廃止」にともなって出来る下部のスペースに、単純に仮想ホームボタンを設置するのではなく、「HomeBar(仮称)」と名付けられた新しいシステム表示を想定したもの。

「HomeBar(仮称)」とは、状況に応じてホームボタンを非表示にして他の操作ボタンなどを表示したり、ホームボタンの左右スペースに操作ボタンや機能ショートカット、システム通知などを配置するコンセプトだそうです。

例えば下記左画像の場合、着信があった際はホームボタン左側に「リマインド」と「メッセージ」が、右側には「受話」と「終話」のボタンがそれぞれ表示されています。

また下記右画像の場合はおそらく物理ボタンである「ボリュームボタン」を押した際の挙動で、ホームボタンの表示が消え音量コントロールのバーが表示されるようになっていますね。

他にもデフォルトアプリで「HomeBar(仮称)」がどのような表示をするのかも考えられており、下記画像中央では「ミュージック」起動中に左側には「AirPods」と「その他」、右には「再生ボタン」などの再生コントロールボタン郡が表示されています。

以前より大きくなってきたiPhoneは上部のシステムボタンが片手操作では押しにくくなっているので、このようにiPhoneの下部にさまざまな機能が集約されるのは非常にありがたいところ。

これらはあくまでコンセプトイメージではあるのですが、非常に便利そうなのでぜひiPhone 8に搭載して欲しいですね。

ただデザイナーのジョン・カルキンズさんはiOS 11には搭載されないと見越してか、「iOS 12 on iPhone Pro」と銘打っているようです。

まとめ

いかがでしたか?

あまりごちゃごちゃ表示されるのは嫌ですが、よく使う機能などに絞って表示されるなら非常に便利な機能になるかと思います。

おそらくほぼ同時発売されるであろうiPhone 7s/7s Plusと比べてこういった機能的優位性があるなら、ぜひ使ってみたいところです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Behance

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事