Googleが「アレだけのため」にAppleに支払う金額は年間3,300億円…!

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

「ライバル」のイメージが強いAppleとGoogleですが、実はGoogleは、Appleに対し年間3,300億円も支払っているそうなんです。

一体なんのためにこのような大金を払っているのか?実はiOSに搭載されている”アレ”の対価のようですよ!

Googleが大金を支払う理由とは

資産運用業務を展開する米企業BernsteinのアナリストToni Sacconaghi氏によると、GoogleはAppleに年間30億ドル(約3,320億円)を支払っているとのこと。

一体何の代金なのかというと…実はiOSに標準搭載されているSafariで、「デフォルト検索エンジン」に設定してもらうための費用なのだとか。

Safariでは検索エンジンを以下の4つの中から選ぶことができますが(選択はiPhoneの設定アプリ→「Safari」→「検索エンジン」から)、

  • Google
  • Yahoo
  • Bing
  • DuckDuckGo

デフォルト(あらかじめ設定されている標準の状態)ではGoogleが選択されており…このデフォルトにしてもらうための代金が30億ドルということのようです。

ちなみに3年前の2014年の時点では10億ドルで、Googleの(iOSのデフォルト検索エンジンとして利用されることによる)売上は78億ドル(約8,635億円)と言われていました。

たった3年で10億ドルから30億ドルと3倍の費用がかかっているわけですが、おそらくその分売上も上がっているんでしょうねぇ…。

以前は「契約満了でSafariからGoogleが失くなる」なんてウワサもありましたが、お互いWin-Winな状況を見るとGoogleがiPhoneから失くなることは当分なさそうです。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:Business Insider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事