10周年のiPhone、「もしかしたらこんな形だったかも」なプロトタイプが公開される

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

アメリカで初代iPhoneが発売された2007年6月29日から10年。

現在のスマホの原型を作ったと言っても過言ではないiPhoneですが、もしかしたら違う形となっていたかもしれない…と思わせるプロトタイプが公開されましたよ!

これはiPhoneというより…?

もしかしたらこっちになっていたかも?

2017年6月29日に発売から10年を迎えたiPhone。

ティム・クックCEOも「世界を変えたiPhoneと、それを夢見た人、そして未来を見続けるAppleの人々を祝して乾杯(※意訳)という祝福ツイートをしています。

さてそんなiPhoneは、これまで物理キーボードを搭載することが当たり前だった携帯電話の概念を変え、現在のスマホの原型を作ったと言っても過言ではありません。

しかし一歩違えば、もしかしたらiPhoneやその他のスマホも「まったく違う形になっていたかも」と思わせるプロトタイプ、通称「Wallabies(ワラビー)」が公開されました⇓

物理キーボードこそ搭載していないものの、これはiPhoneというよりiPodに近いように見えますね。今のスタイリッシュなiPhoneに見慣れているからか、ずんぐりむっくりしたデザインはオモチャのよう。

公開したのはAppleでヒューマンインターウェイスのデザイナーを務めていたKen Kocienda氏。

同氏はこのWallabiesを机の引き出しにしまって大事にしていましたが、今年5月にAppleを去る際に手放さなくてはならなく、そのことについて「辛かった」「古い友だちに『さようなら』と言う気分だった」と語っています。

ちなみに以前はOSインターウェイスのプロトタイプも公開されており、それがこちら⇓

こちらもiPodのようなクイックホイールが画面上に表示されていますが、この2つを組み合わせてもしかしたらiPhoneはこんな感じになっていたのかも…?⇓

物理キーボードこそないものの、今のiPhoneとはまったく違うもの。試行錯誤を重ねて今のiPhoneが存在しているんだなぁ…と思わされますね。

今から10年後のiPhoneがどんなデザインで、どんな進化を遂げているのかも楽しみです!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple Insider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事