リリースから16時間で3.6億円!アプリ版質屋『CASH』とはどんなサービスなのか?

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

専用アプリで写真を撮って査定するだけで、商品を送らなくても先に最大2万円がすぐに受け取れる…そんなサービス『CASH』が昨日から話題になっています。

その結果ユーザーが殺到しなんと開始からたった16時間でサービスの一部が停止

『CASH』とは一体どんなサービスなのか、その仕組みを解説いたします!

売りたい商品を写真に撮って査定すれば、即座に現金化

株式会社バンクが昨日サービスを開始したのは、『CASH』という商品買い取りサービス。

基本的には身の回りのものを売ってその査定額に応じた金額を即座にうけとれるというものなんです。

その仕組みは「質屋」に近いものになっているのですが、従来の質屋は「質草」として商品を預けて査定に応じた現金を受け取り、

一定期間内に受け取った金額+利息を返せば、預けた商品は返ってくるというもの。簡単に言えば商品を担保にしてお金を借りるイメージといったほうが分かりやすいでしょうか。

厳密に言うとちょっと違うんですが、これを思いっきり簡素化してお店にいかなくても専用アプリだけで同じようなことができちゃうのが『CASH』なんです。

どれくらい簡単かというとまず利用には従来の質屋では必要な身分証明などの提示が不要で、必要なのは電話番号のみ。

※SMSで認証はあります。

あとは質入れしたい商品のブランドとカテゴリを選択、

コンディションを★1〜5から選択して、最後に写真を撮影すれば完了。たったこれだけで、あっという間に査定が実施されます。

※現在、査定が停止している為、Twitterで実際に査定された方の投稿画像を参考に掲載しています。

普通だったらここから商品を送って到着してからの入金の処理になるのですが、『CASH』の場合はなんと商品を送らなくても先にお金が受け取れちゃうんです。

査定された金額をキャッシュにするを押せばアプリ内のウォレットに査定額分の金額が格納され1万円未満ならコンビニで受取り、1万円以上の場合は手数料250円で口座へ振込み処理が可能。

身分証明も電場番号だけですし、査定も一瞬なので利用開始から数分で現金が手に入ってしまうというお手軽さ…これはある意味怖い。

ちなみに『CASH』の仕組みとしては商品を買い取るというのが前提にあり、2ヶ月以内に査定した商品を送るか、査定額+15%のキャンセル手数料を支払えば商品買い取りはキャンセルができます。

この辺が質屋っぽいところで実質的には商品は送らずに「質入れ」でお金を借りて、キャンセル手数料で商品を送らずに済むという形になっている訳です。

いやキャンセル手数料(実質的な利息)高くない?っていう声も無きにしもあらずなのですが、買い取りサービスという観点で考えると最短で現金化できるという見方もできるんですよね。

そんなこともあってか、昨日の利用開始直後から利用者が殺到したようで今朝になって、査定サービスは一時停止となってしまいました。

さらに株式会社BANKの発表によると、サービス開始から停止まで16時間でその間にキャッシュ化された金額はなんと約3.6億円

キャッシュ化された回数は約7万回にものぼり、平均キャッシュ額は約5千円となっています。

このサービスを厳密な本人確認が不要な最速現金化サービスとみるか、手軽にお金が借りられてしまうサービスとみるかでまた変わってくると思うのですが、心配なのは年齢確認などもない点。

1万円未満ならコンビニ受取り出来てしまうので、家にあるものを親に無断で売ってしまって2ヶ月後に揉める…なんてこともありえない話ではありません。

なんとなくZOZOTOWNのツケ払いが「親の同意なしに未成年も利用可能で、あとから返済できないと問題になった話」を思い出してしまったのですが、同じような話にならないよう対策は講じてもらいたいところではあります。

そうなると本人確認の手順が増えて…というジレンマには陥りそうな気もしますが、少額とはいえ年齢ににかかわらず簡単に使えてしまうサービス、あなたはどう思いますか?

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事