LINEが「AIスピーカー」発表!いきなり3機種を今秋リリースする模様

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

Amazonの「Amazon Echo」に続く形でGoogle、Appleも参入したAIスピーカー事業ですが、6月15日に行われた「LINE CONFERENCE 2017」にて、LINEもこの事業に参戦する事を公式発表しました。

各社エントリー時は基本1モデルのみのリリースだったのですが、LINEはなんといきなり3機種も発表して話題になっています。

ニーズに合わせた3タイプ

今回LINEが発表したAIスピーカーは「Clova」と呼ばれる音声AIを搭載し、それぞれ「WAVE」「CHAMP」「FACE」という3タイプが用意されています。

基本になるのは「WAVE」で今秋発売予定。価格は1万5千円を予定していますが、一部機能を限定するものの先行販売版が今夏に1万円で販売予定だそうです。

「Clova」はSiriやGoogle Assistantなどと同様に話しかける事で様々なやり取りができるようになっており、LINEがプラットフォーム展開している「LINEニュース」を利用したニュースや天気情報の提供、カレンダー機能や翻訳機能なんかも利用できるそうです。

また「LINE MUSIC」とも連携しており4,000万曲を再生可能、他にも赤外線コントローラに対応した家電の制御を行う事ができるなど、1万5千円にしてはなかなか優秀なAIアシスタントと言えます。

また『LINE』そのものと連携させる事が可能で、新着通知やトーク内容の読み上げ、トーク返信も音声コントロールに対応しているそうです。

LINEを使っている人にはなかなか面白い機能ですが、恋人から送られてきた♥な内容のトーク等を家族や友人に聞かれたら、トラウマになってしまいそうな気もしますが…。

2機種目の「CHAMP」は見た目がLINE公式マスコットを模したポップなものになっており、手軽に持ち運べるタイプになっているそうです。

3機種目の「FACE」は現在も開発中で情報が少ないのですが、ディスプレイを搭載したモデルのようで他2機種よりも割高になるものの利便性が高い上位グレードの位置付けになりそうですね。

今年は日本でもAIスピーカーブームが訪れる、かも知れませんね。

まとめ

いかがでしたか?

開発中とはいえ3機種も一気に発表したLINEは、大手各社がまだ日本の市場開拓をしていない事などを加味し、各種AIスピーカーが日本発売を発表する前にシェアを獲得する事が目的でしょう。

価格も手軽な域なので、LINEを愛用している学生ユーザが主なターゲットなのかも知れませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:LINE

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事