iOS 11では「QRコード」を撮影するだけでWi-Fiの設定が完了するぞ!

更新日:

by kimi

Photo credit: preetamrai via Foter.com / CC BY

こんにちはkimiです。

先日WWDCで発表されたiOS 11。これまでサードパーティ製のアプリを使わなければ読み取ることのできなかったQRコードですが、iOS 11では標準カメラで読み取ることができるようになったのは先日お伝えした通り。

その機能を活用して、iOS 11ではWi-Fiの設定がさらに簡単に行うことが可能となるようです。詳しく紹介しますね。

ルータに記載されたQRコードを撮影するだけ

iOS 11では標準カメラでQRコードを撮影すると、通知の部分に読み取り結果が表示され関連する操作を行うことができるようになります。

下のスクショでは上部に「〜のリンクをSafariで開く」と通知が出ているのが確認できますね。

そしてこのQRカメラ読み取り機能が、Wi-Fi接続の設定時に活用することもできるそう。

Wi-Fiルータの本体には設定のためのSSIDやパスワードなどの情報が含まれたQRコードが記載されているものもあります。

これをiPhoneの標準カメラアプリで撮影することで、すぐにそのルータのWi-Fiネットワークに接続するための設定を行うことが可能に。いちいちSSIDを選んでパスワードを入力するという手間を省けますね。

もともとNECやバッファローなど、一部のメーカーはiPhone向けに専用の設定アプリを用意し、それをダウンロード→QRコードの読み取りをすることで簡単に設定できましたが、初期設定のためにアプリのダウンロードをすることを考えると本当に手間を省けているのか微妙なところでした。

アプリをダウンロードするためのパケット通信も発生しますしね。

iOS 11では例えば友人が自分の家に来てWi-Fiを使わせてあげる際に、友人は標準カメラでQRコードを撮影するだけでWi-Fiを使うことができるのでだいぶ時短になりますね。

そんなに頻繁に使う機能ではなさそうですが、多くの人が家にWi-Fiルータを設置しているであろう現状を踏まえると「グッジョブ!」と言えるかもしれません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

kimi
Photo credit: preetamrai via Foter.com / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事