【注意】WWDC後に…またもAppleを騙るフィッシングメールが出回る

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

WWDC後を狙ったのでしょうか…。

以前より報告されている「Appleを騙るフィッシングメール」がまたも出回っているようです。

事例を頭に入れておき、過ってIDやパスワードを入力しないようご注意ください!

パッと見だとニセモノと分からない!?

WWDCが開催され、本物のAppleから新製品情報などのメールが届くこの時期。

フィッシング対策協議会が「Appleを騙るフィッシングメールが出回っている」と注意を促しています。報告されているフィッシングメールは、件名が

  • Order Confrimations. #(英数字)
  • リマインダ:アカウントロック
  • AppIe: 確認の進捗状況(日付)
  • あなたのApple IDでセキュリティを守ります
  • Apple ID アカウントが無効になっています : (日付)
  • Apple IDはセキュリティ上の理由から無効になっています : (数字)
  • お知らせ:[Apple] Statementアカウントのログインを再開する(日付)
  • あなたのApple IDがロックされています

等なっており、メールによっては本文が以下のような本物そっくりの請求書となっているよう(実際にアプリを購入した時に本物のAppleから届くのは「請求書」ではなく「領収書」です)。

見に覚えのないアプリ購入の請求書ということで、「注文をキャンセルする」をタップすると…これまた本物そっくりな偽サイトに飛んでしまいます。

しかも偽サイトの一部には、以前は偽サイトを見分ける方法の1つであった「HTTPS 接続に対応したセキュアなサイト」を装っているとのこと。

本物のAppleからメールが来るこの時期ということで、いつもよりも用心するに越したことはなさそうです。みなさんご注意ください!


関連記事