【朗報】iPhone 8はバッテリー持ちが大幅アップ!?内部図面の流出で明らかに

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

ここ最近iPhone 8と見られる図面のリークに続き、昨日は図面を元にして作られたと思われるモック写真が投稿されるなど徐々にその姿が明らかになってきましたね。

そして今回はそれに続く形で先日モック写真を投稿した方が、iPhone 8の内部構造を示す設計図を投稿して話題になっています。

投稿された画像を見る限りはバッテリーが大型化されており、連続駆動時間の改善が見込まれそうですよ。

バッテリーが2体構造になり容量アップ

昨日、Foxconnで作成されたとみられるiPhone 8のモック(模型)画像が投稿されたとご紹介しました。

この写真を投稿したBenjamin Geskin(@VenyaGeskin1)さんが今度は、内部構造の設計図とも言える画像を投稿しているんです。

それがこちらの画像。

注目なのは「电池」と書かれた黄色とオレンジ部分。

「电池」は「電池(バッテリー)」を差しており、画像を見ると従来のモデルでバッテリーがあった位置に「电池A」。右下側に今までになかった「电池B」が増えているんです。

photo by Twitter

改めて既存のモデルの分解写真を見てみると分かるのですが、今までは左側がバッテリー右側がロジックボード(メイン基板)という構成だったのでその違いは一目瞭然。

Photo by iFixit

これはロジックボードを2重に重ねることで、スペースの確保を実現しているようで、今年2月に海外アナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えていた内容とも一致します。

Photo by MacRumors

別の2方面から同じ内容が出てくるということは信頼性も高まるというものですが、投稿者であるBenjamin Geskin(@VenyaGeskin1)さんによれば、情報の精度(信憑性?)は70%とのこと。

これに加えて、省電力化の期待がある有機ELディスプレイが搭載されるとなれば、既存のモデルよりもバッテリー駆動時間は延びることになるならユーザーとしてはうれしいですよね。

以前の情報が正しければ、バッテリー容量は2,700mAhになると見られ、iPhone 7 Plusと2,900mAhほぼ同等に。

これで本体サイズがiPhone 7並だったら最高なんですが、モックの写真を見る限りはちょうど中間くらいのサイズといったところでしょうか。

それにしてもどうにも気になる縦型カメラはもう確定なのか、実はそれが一番気になるところでもあります。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事