【初回20%オフ】5千円代で音質切り替え機能を搭載!AnkerがLightning対応のイヤホンを発売開始

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

iPhone 7でイヤホンジャックが廃止されてから、いくつかLightning端子対応のイヤホンが発売されていますが、なんとなく種類も少なく値段も高め…というイメージがありますよね。

そんなLightning対応イヤホンですが、コスパの高い製品を送り出しているAnkerが、5千円台で買える新製品を発売したのでご紹介します。

しかも初回数量限定で20%オフとなっているので、気になったら無くなる前にゲットしちゃってくださいね!

3つのイコライザーモードを搭載し、音質にもこだわっている「SoundBuds Digital IE10」

本日よりAnkerが発売開始するのは、こちらの「Anker SoundBuds Digital IE10」。発売前にサンプルをいただけたので実物でレビューをお送りいたします。

一番の特徴は、イヤホン廃止のiPhone 7発売以降に増えてきているLightning端子対応の製品という点。

iPhone 7シリーズは標準でφ3.5mmイヤホンジャックをLightning端子に変換するケーブルが付属しているですが、見た目がちょっと残念なんですよね…。

さらに最近こそ価格もこなれてきましたが、Lightning対応のイヤホンって1万円前後の製品が多くてわざわざiPhone専用で買う気にはならなかった…という人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんなLightning対応イヤホンですが、毎度コスパの良い製品を送り出すAnkerだけに「SoundBuds Digital IE10」もそこは妥協無く、ギリギリ5千円台の5,999円なんです。

だからといって、安かろう悪かろうという訳ではなく質感や見た目も安っぽくありません。

実際に着けてみるとこんな感じに。

イヤーフックもついていてフィット感も抜群ですし、この値段にしてはしっかりとしたリモコンもついていますよ。

さらに地味にいいなと思うのが、マイクがリモコンと独立している点。マイクが口の近くにくるようになっているので、通話時に声が聞こえやすくなっていますよ。

さてここまではいいとして気になるのは音質。ここも5千円代のイヤホンとは思えない、3つの音質から選べるイコライザーモードがついているんです。

モードはバランス、クリアボイス、スーパーバスがあり、それぞれ素人ながら切り替えながら聞いてみた感想は以下のように。

  • バランス:高音・中音がクリアでシャリシャリ系。低音は弱め
  • クリアボイス:ボーカルが聞こえやすくなる感じ?
  • スーパーバス:バランスで弱かった低音が出てちょうど良い。ズンズンというほどではない。

音質はリモコンのボタンで切り替え可能

正直詳しくないので製品説明のまんまになりますが、リモコン部分には「業界最先端DACプロセッサー」が搭載され、「24bit/48kHzの高解像度で極めて明瞭なデジタルサウンドをお届けします」とのこと。

うん、なんとなくこの値段にしてはすごそうということだけはよく分かったw

という訳でざっとどんなイヤホンなのかご紹介したAnkerの新製品「SoundBuds Digital IE10」ですが、これほんと5,999円とは思えないコスパ良好な製品となっております。

し・か・もですよ、初回数量限定で5千円を切る4,799円で買えちゃうんです!

発売は本日3月28日(火)、このあとすぐの10時からとなっております。安くLightning対応イヤホンをゲットしたい方はぜひAmazonページをチェックしてみてくださいね!

SoundBuds Digital IE10
イヤホン・ヘッドホン
4,799円(数量限定)

※メーカーの都合により、Amazonでの発売開始時間は多少前後する場合がございます。その場合は少し時間を空けてから再度アクセスをお願いいたします。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事