【速報】「AirPodsを探す」、ファイルシステム「APFS」への変更を含むiOS 10.3が正式リリース

投稿日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

そろそろ出る出るといいつつリリースがズレていたiOS 10.3が、本日未明ついにリリースされました!

今回のアップデートは以前よりお伝えしているように、「AirPodsを探す」や「ユーザープロフィール画面の追加」など目に見える内容に加え、ファイルシステム変更という大きな内容を含んでいます。

いつものようにWI-Fiでアップデートとはせず、確実にバックアップを取った上で実施して下さいね!

アップデート文言にはないファイルシステム変更を含むアップデート

iOS 10.3のアップデート内容は以下の通り。

項目はたくさんありますが、直接関係のある目立ったアップデートは「AirPodsを探す」の追加や

Photo by Mac Rumors

設定画面のUI変更とアカウント関係の情報統合。

将来iOSのアップデートで使えなくなるかもしれないアプリが分かる、「App互換性」の追加などがあります。

そしてアップデート文言にはありませんが、beta版の内容がそのまま正式リリースされてれば含まれているのが「iOSのファイルシステムAPFS(Apple File System)への変更」。

APFSは今後、iOS、macOS、tvOS、およびwatchOS共通の新しい最新のファイルシステムとなり、「Flash / SSDストレージへの最適化」による動作の高速化、「強力な暗号化」などが期待されるものとなっています。

そのような内容が含まれるだけに、今回ばかりは今までWi-Fiでアップデートを済ませていた方もできればiTunesでバックアップをした上での実施をおすすめします。

バックアップが済んだら、Windows PCかMacのiTunes経由、もしくはiPhoneをWi-Fiに接続した状態で設定アプリの「一般」から「ソフトウェアアップデート」を選択すればアップデートができます。

ただ先ほど書いたとおりファイルシステムの変更が含まれるだけに、アップデート自体もWi-Fiからではなく有線接続のiTunesからアップデートが確実。

万が一アップデートに失敗して、最悪iPhoneのデータが全部吹っ飛んだなんて目も当てられないので、今回は慎重に行きたいですね。

ひとまずかみあぷでは、びびりながらiOS 10.3にアップデートしてみましたが、現在のところ目立ったトラブルはなく使えてますよ。

iOS 10.3については引き続き情報収集の上、何か不具合等があったらすぐにお伝えしたいと思います。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事