iPhoneのセキュリティを高めるためにAppleがとった対策は…脱獄ハッカーの雇用!?

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

流出したら困る情報の塊と言っても過言ではないiPhone。しかし先日、CIAのiPhoneハッキング技術についての文書が公開されるなど、いくらセキュリティが強固なiPhoneとは言え「どこかに穴がある」というのは残念ながら事実のようです。

そんな中、AppleはiPhoneのセキュリティを高める「とある対策」を講じた模様。なんでも「脱獄アプリ・ソフトの開発者」を雇用したようですよ!

ある意味、セキュリティのエキスパート?

Cult of Macによると、数年間iOSのハッキング(脱獄)コミュニティで活躍していたJonathan Zdziarski氏が、Appleの「Security Engineering and Architecture Team(セキュリティ工学・基本設計チーム)」に参加することが明らかになったそうです。

Jonathan Zdziarski氏 Photo by ZDZIARSKI’S BLOG OF THINGS

このチームでZdziarski氏が何をやるのか詳細は明らかにされていないものの、「ユーザーのセキュリティやプライバシーを守るため、熱意を持って働いているチームに参加できるのはとても楽しみだ」Zdziarski氏のブログに書かれています。

Zdziarski氏はハッキングコミュニティでは「NerveGas」という名で知られており、AppleとFBIのiPhoneを巡る争いの際も専門家として分析や洞察を提供していたとのこと。

ちなみにAppleがハッカーを雇用するのはZdziarski氏が初めてではなく、以前は脱獄アプリを作っていた開発者を雇用し、その脱獄アプリの機能をiOSの標準機能として採用したことも。

Appleは「脱獄」という行為は認めていないものの、そのハッカーの知識や技術は認めている…ということのようです。

Zdziarski氏のApple参入によって、iPhoneのセキュリティがますます高まることを期待したいですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事