これでジェットブラックも安心?スマホをガラス加工する「スマホバリア」

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

皆さんはiPhoneにケースを付けていますか?落下など不慮の事故対策で付けている方も多いかと思います。

今回ご紹介するのは加工なのですが、もしかしたらケースを付けなくても落下などに強くなるかもしれないサービスですよ!

ガラスコーティング専門店

今回ご紹介するのは東京のガラスコーティング専門店「carris」の「スマホバリア」。

防弾ガラスの技術を応用したガラスコーティング加工を施し、傷や汚れを防止し割れづらくしてくれるんです。

この「スマホバリア」のメリットは下記の通り。

  • 保護シールのように劣化しない
  • 指紋が付きにくくなる
  • 傷や汚れを防止
  • 防弾ガラス技術の応用で割れにくい
  • 裏面も加工できる

iPhoneを裸で使いたい人にはかなりメリットの多い加工サービスかと思います。

加工も15〜30分程度で完了するので、お店に持っていける人ならその日のうちに「スマホバリア」の効果を体験できますね。

そして問題のお値段なのですが…iPhoneの価格はなんと片面3,500円、両面5,500円!意外とお安かったりします。

高価なガラスフィルも同等かそれ以上の価格なので、ガラスフィルムに不満がある人は使ってみるのもアリかも知れません。

また、今なら都内のドンキ・ホーテで「特価版発注券」が3,000円(片面か両面かは不明)で販売されており、よりお安く利用できるようになっています。

もちろん来店できない方向けに配送サービスも実施しているので、気になる方は記事最下部の公式サイトにアクセスしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

傷つきやすいジェットブラックなんかは、購入と同時にこういった表面加工サービスで保護しちゃうのが正解のような気もしますね。

…AppleがiPhone製造の最終工程にコレやってくれるのが一番ではあるんですが。

▶︎carris

参考:PR TIMES

関連記事