AirPodsのバッテリーがすぐなくなる?同期リセットで改善するかも

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

バッテリーと言えばiPhone 6sのシャットダウン問題が記憶に新しいですが、どうやら発売されたばかりの「AirPods」にも問題が発生しているようです。

なんでもバッテリーの消耗が早かったり、最大24時間の駆動が短かったりするそうですが、「同期リセット」という方法によって改善される場合があるとのこと。

すでにお持ちでこの問題に悩まされている方も、予約済み+発送待ちの方も、知っておいて損はないですよ〜!

AirPodsのバッテリー消耗問題

MacRumorsによると、AirPodsのバッテリー消耗が早い、最大24時間駆動のはずなのにそこまで持たない、といったユーザーが多くいるとのこと。

長く使っていればバッテリーが劣化して駆動時間が短くなるのも分かりますが、AirPodsはまだ発売されたばかりということで、充電ケースの不具合では?という見方が強いようです。

しかし「AirPodsとiPhoneの同期を一旦リセットし、再度セットアップしたら直った」との報告も。

その手順は、まずAirPodsが充電されていることを確認し充電ケースの蓋を閉じて15秒ほど待ちます。

その後、蓋を開け「セットアップボタン」を15秒ほど押し続けます。

ステータスランプがオレンジ色に数回点滅→白く点滅するまで押し続けてくださいね。

白く点滅したら一旦蓋を閉じてまた開けると、iPhoneにAirPodsとの接続画面が表示されます。「接続」をタップすれば同期リセット完了。

この方法でバッテリーの持ちが改善された、という方が多くいるようですよ。

しかし中には改善されなかった方もいるようで、もしそうなってしまった場合はファームウェアアップデートを待つか、もしくは交換してもらうなどの方法しかないようです。

AirPodsのバッテリー問題に悩まされている方はぜひ一度お試しください!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事