Vineユーザに朗報!Twitterがサービス終了→サービス移行に切り替え

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

今年10月に突然サービスの終了が告知された『Vine』、愛用していてガッカリした方も多かったと思います。

そんな『Vine』の今後についてTwitterが正式な発表があったのですが、どのようなものだったのでしょうか。

サービス終了→サービス移行

今年の10月、身売り話のあったTwitterの社内改編にともなって『Vine』のサービス終了が告げられました。

当時の発表では「数カ月以内にサービス停止」「公開した動画を見ることはできるようにする」とし、基本的に以後利用できなくなる雰囲気に。

『Vine』は6秒以内のループ動画を制作・共有できるサービスとして、欧米で特に人気のあるサービスです。

サービス終了を告げられた時は多くのユーザが悲しみの声を上げ、『Vine』で一躍有名人となった大関れいかさんもコメントを寄せました

そんな『Vine』が先日、SNSとしての機能は消滅するものの、『Vine Camera』としてサービスが継続される事に。

『Vine Camera』の提供開始は来年1月予定との事で、SNSではなく「6.5秒以内のループ動画を作成するカメラアプリ」にサービス移行する形となりました。

今まで投稿された動画については新設のアーカイブサイトで閲覧・ダウンロードできるようになり、アプリでもダウンロードする事ができるそうです。

また『Vine』上でのフォローユーザについては、「TwitterとVineのアカウントが連携」されていて「Twitterアカウントが鍵垢ではない」場合に限り、該当ユーザを確認できる新機能を設けるとの事。

SNSではなくなってしまいますが、サービスが継続してホッとしたユーザも多いかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

フォローユーザも基本的にTwitterへ引き継げるようなので、実質Twitterとの併合という形に落ち着きましたね。

今後の情報については『Vine』アプリ内の通知、公式HPである「Medium」、Twitterの「@vine」アカウントで随時発表されるそうです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Medium

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事