iOS16.0ロック画面のライブアクティビティ機能は利用不可!Apple発表

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは昨日、iOS16開発者向けベータ4を、本日パブリックベータ2をリリース。

AppleはiOS16開発者向けベータ4のリリースに伴い、「News and Updates」を発表し、ロック画面のライブアクティビティ機能のリリースについて情報を提供しました。

iOS16.0ロック画面のライブアクティビティ機能は利用不可

WWDC2022で発表されたiOS16のロック画面のライブアクティビティ機能は、ライブ情報を一目で見ることができるように、iPhoneのロック画面にアプリの最新データを表示および更新する機能です。

Appleによると、iOS16開発者向けベータ4で、開発者はLive Activities APIを利用できるようになり、自分のアプリでライブアクティビティ機能について開発と実装実験を行うことができるようになりました。

Appleは「News and Updates」で、iOS16.0でロック画面のライブアクティビティ機能が利用できないことを、以下のように伝えています。

ライブアクティビティとActivityKitは、iOS16の最初の公開リリースには含まれないことに注意してください。

今年遅くに、アップデートされ、App Storeにライブアクティビティを含むアプリを送信することができます。

iOS16パブリックベータ2リリース!メッセージ編集・削除機能の変更など

Apple iOS16開発者向けベータ4リリース!バグ修正や新機能の追加など

参考:Apple Insider News 写真:Apple

関連記事