これがドコモの訪日歓迎!?「スマホ専用トイレットペーパー」と「日本のトイレの使い方」

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

ドコモがこの度、訪日外国人観光客向けに成田空港の一部トイレへ「スマホ専用トイレットペーパー」を設置しました。

合わせて「日本のトイレの使い方」なる動画も公開されたのですが、一体どういったものなんでしょうか?

HOW TO USE TOILETS in JAPAN

ドコモは2016年12月16日から2017年3月15日まで、成田空港のトイレ7箇所に「スマホ専用トイレットペーパー」設置しました

このトイレットペーパーは通常のトイレットペーパーの半分ほどの幅なのですが、スマホの画面を綺麗にできる上にドコモが提供するWi-Fiスポットの情報、音声翻訳機能付きのトラベルガイドアプリの案内が印字されています。

様々なメディアで「スマホ画面は便座の数倍汚れている」と言われており、トイレでスマホも綺麗にしようという試み、そして印字された自社広告の効果測定のために実施されたものですね。

そして次は「日本のトイレの使い方」動画で、海外でも評価が高く観光客からの受けも良い日本のトイレについて解説されたものです。

冒頭では「和式便座」と「洋式便座」の違いについて説明してくれます。

特に「和式便座」で外国人が困るお尻の拭き方がわかりやすく解説されており、「エレファントスタイル(初耳)」と「ホーステールスタイル(初耳)」が紹介されていました。

また「洋式便座」の「シャワー(ウォシュレット)」についても解説。

その水で手を洗ってはいけない事、シャワーを上手に当てる4つの型、「トルネード型(初耳)」「グラインド型(初耳)」「フローティング型(初耳)」「相撲型(初耳)」が紹介されています。

…利用している日本人から見ても初耳な単語が随分多い気がしますね。

4chan(海外の2ch的な掲示板)とかでまた「日本のクレイジーな〇〇」とかスレ立てされて、日本人のトイレでの常識みたいな紹介をされるのではないかと一抹の不安を覚えます。

まとめ

いかがでしたか?

この動画は女性の英語で淡々と紹介されるので、日本人が見れば「シュールな動画」で済みますが、日本の事をよく知らない外国人が見たら「日本の常識を紹介する動画」に見えるのでは?と思ってしまいます。

訪日外国人観光客へ向けたドコモなりのおもてなしだそうですが、動画はもう少し真面目な感じにして欲しかったですね。

参考:Youtube

関連記事