相手が浮気しててもNG!恋人のスマホを覗くと最悪懲役刑になる事も…

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

よく2chなんかで「恋人の携帯に女とのやりとりが!」みたいな修羅場系書き込みがあるんですが、もしかしたら逆に訴えらえれる事になるかも知れません。

女性情報サイトのVenusTapが上記のような「スマホの覗き見」について解説しています。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金

VenusTapの記事によりますと冒頭に書いたような「スマホの覗き見」は「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」違反にあたるとの事。

例え相手が浮気や不倫をしていたとしても、それとは別に訴えられて「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となる可能性があるそうです。

相手が悪いのに納得いかない!という声が聞こえてきそうですが、証拠の収集方法自体が違法なので浮気や不倫を立証できたとしても、覗き見について逆に訴えられたら勝てない可能性が高い模様

修羅場系のお話につきものな行為であるだけにやってる人が多いかも知れませんが、違法なのでやめましょう。

「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」はインターネット等のコンピュータネットワーク等での通信において、不正アクセス行為とその助長行為を規制する法律で、例えばスマホのロックを勝手に解除する行為もこれに含みます

なんとなくハッカーがハッキングした時とかに使われそうな法律なのですが、不正アクセスそのものを禁止する法律なので納得ですね。

ではスマホがロックされていない場合はどうなるのでしょうか?写真や電話帳といったロックされていない情報の場合は大丈夫な可能性が高いそうです。

ただしプライバシーを侵害したとして慰謝料を請求される可能性が高く、結局ロックの有無に関係なく自身が何らかの罪に問われる可能性は大いにある模様。

疑わしい時は違法行為になる行動を自身で起こすのではなく、探偵とか使った方が良さそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

スマホを覗き見している人の話は結構耳にするので、もしかしたら結構「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」で罪に問われている人は多いかも知れません。

相手が不審に思ったら不利な行動は控え、別の力で対抗するようにしましょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事