残念過ぎる!本日リリースの「iOS 10.1パブリックベータ2」でシャッター/スクショ無音化のバグが使えなくなる

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

iOS 10がリリースされてから、地味にうれしかったのがバグと思われる方法でシャッター音やスクリーンショット撮影時の音が消せることでしたよね。

特にiPhone 7はステレオで音も大きくなったシャッター音が困り者で、すごく重宝していたのですが、本日リリースされた「iOS 10.1パブリックベータ2」でついに使えなくなったことが分かりました。

元々バグだったのでいつかは塞がれると思っていましたが、できればセットでシャッター音の音量は調整してほしかったですね。

「iOS 10.1パブリックベータ2」でAssistiveTouchを使った裏技が無効に

iPhone 7をお持ちの方は特に分かると思うのですが、なぜかシャッター音がいままでより大きくなったのは困りものでしたよね。

それがバグか仕様だったのかは分かりませんが、AssistiveTouchを使うとシャッター音やスクリーンショットの撮影音が無音になる裏技が見つかりかみあぷでもご紹介していました。

おそらくバグではないかと言われていたこの裏技ですが、やはりというかついにというか本日リリースされた「iOS 10.1パブリックベータ2」では使えなくなってしまったんです。

ということは次回リリースされる「iOS 10.1」が正式リリースされたら、ほぼ間違いなくこの裏技は使えなくなるということに。

ちなみにiOS 10.1ではFeliCaに関するアップデートが入ると言われており、iPhone 7シリーズを使っている方は特に避けられないアップデートとなっているのが痛いところなんですよね。

ちなみに確認したのはiPhone 7 PlusでもしかしたらFeliCaチップが載ってる機種だけかも?と思って、iPhone 6sでも確認したのですが結果は同じでした。

カメラのシャッター音は元々マナーカメラがあったので特に気にはならないのですが、スクショ撮影音が消せないのは痛いところです。

Appleさん、音を消せるようにとは言わないのでせめてもシャッター音のボリュームもう少し下げてもらえませんかね?


関連記事