iPhone 7発売前までに押さえておきたい!公式下取り「Apple Renewプログラム」

投稿日:

by HikaruSano

こんにちわ、Hikaru Sanoです。

新しいiPhoneの情報も続々出てきており、新作発表に期待が高まっていますね。そんなiPhone、機種変更した後の端末はどうしていますか?

中には使わずに眠らせてしまっている…という方も多いかと思います。そこで今回は、Appleが行う公式のiPhone下取りサービス「Apple Renewプログラム」についてご紹介。

眠っている端末をお持ちの方も、新しいiPhoneを買おうと思っている方も、ぜひ最後までお付き合いくださいませ!

iPhone4でも下取りしてくれる!

「Apple Renewプログラム」で下取りしてくれるのはiPhone、iPad、Mac、他社製スマートフォン。

6年前に発売されたiPhone 4でも最大2,000円で、iPhone 6 Plusなら最大30,000円で買い取りしてくれます。

申し込み方法はとても簡単で、直接Apple Storeに持って行くか、コチラのキャンペーンページから申し込み可能。

直接Apple Storeに持って行った場合は、その場で新しい端末代金を値引きorギフトカードが、キャンペーンページから申し込んだ場合はデジタルギフトコードで還元されるようになっています。

今回はキャンペーンページでの申し込み方法を説明させていただきますね。

キャンペーンページへアクセスしたら、「あなたのiPhoneまたは他社製スマートフォンの下取り額を見る」を選択。

次の画面では下取りに出したい機種の情報を求められます。

iPhoneの場合は「設定」の「一般」から「情報」を選択し、「モデル」に表示されている情報を入力すると楽チンですよ。

端末情報を入力し「検索」を選択すると、状態の診断画面になります。

6つの簡単な自己診断に答えて、「次へ」を選択しましょう。

ここで買い取り価格が表示されます。

さっきの自己診断では各種オプションや箱・説明書の有無など問われず、一般買い取りのように本体以外が無いからって減額される事がないのは嬉しいですね。

次はメールアドレスを登録します。

デジタルギフトコード送付先にもなるので、よく使うメールアドレスを入力し「認証コード発行」を選択しましょう。

すぐに数字6桁の「認証コード」が書かれたメールが届きますので、「認証コード」を入力して次へ。

次は端末の「製造番号」を求められます。

iPhoneの場合は「設定」の「一般」から「情報」を選択し、「IMEI」に表示されている情報を入力しましょう。

最後は氏名や住所などを入力します。

後日端末を送付するための「送付キット」が届きますので、間違えないように入力しましょう。

申し込み作業は以上になります。

まとめ

いかがでしたか?

端末はAppleに到着後、スタッフが直接確認した上で最終価格が決定・デジタルギフトコード送付と数日かかりますので、現在使っている端末での利用はオススメできません。

iPhone 7購入後に行うか、サブ端末や眠らせている端末で利用すれば大変便利かと思います。

またApple Storeに行ける人なら直接行って、機種変更と同時に行うのがオススメですよ。端末を持て余しているならぜひ、利用してみてくださいね!

Apple Renewプログラム

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事