当然、東京オリンピックでも!リオ五輪に関連したツイートを企業ができない理由

更新日:

by ともぞう

リオオリンピックまっただ中!今朝も日本の体操団体で金メダルを朝から盛り上がっていますね。

その一方、企業はリオオリンピックに関連したSNSへの投稿を禁止されていることをご存知でしょうか?

これリオだけのこと?…と思ったら実はこれ2020年の東京オリンピックにも影響がある理由があるんです!

公式スポンサーと便乗商法の問題

この話は最初にアメリカのオリンピック委員会が出した通達で話題になりました。

内容は企業によるリオオリンピックに関連したSNSへの投稿を禁止するというもので、選手のスポンサー企業の一部には「ゲームの結果をツイート」「IOC(国際オリンピック員会)公式アカウントの発言のリツイート」などに加え、

選手を応援するツイートをした場合には、その選手のメダルの剥奪もありえるようです。

なぜオリンピックで活躍する選手を応援したり、それに関連するSNS投稿をしてはいけないのか?というと、これは「便乗商法/便乗広告(アンブッシュマーケティング)」を防ぐためとのこと。

よく話題になった事柄やイベントなどに乗っかって、関連した商品を発売したりセールを行う例はありますが、そのような行為を防ぐための措置ということですね。

というのもオリンピックにおいてはIOCと直接契約し、世界中で自社の製品とリンピックを絡めたキャンペーンを行える「ワールドワイドスポンサー」に加え、

画像はリオオリンピックのもの

各国のオリンピック委員会と契約して、その国でのみオリンピックに関連するプロモーションを行える「ゴールドスポンサー」があります。

画像は東京オリンピックのもの

ようはこれらのスポンサー以外は、オリンピックに関連するようなSNS投稿も含めて企業広告はダメよということなんですね。

これに抵触するとオリンピック委員会から使用差止めや賠償請求もありえるそうで、ちゃんと公式スポンサーになった会社が損をしないようになっています。

へーアメリカはシビアだね−なんて思ったら、実はこれ東京オリンピックでもすでに似たような動きが出ているんです。

この話元々はIOCの要請に基づくもので、JARO(広告審査機構)にはどんな文言だったら大丈夫かなどの問合せがきており、それを受けて通達に引っかかりそうな文言を公表しています。

それが以下の文言なんですが、えーそんなのまで??というものがちらほら。

  • 東京オリンピック・パラリンピックを応援しています。
  • 祝2020年開催
  • 祝2020年オリンピック・パラリンピック開催決定
  • 2020年にはばたく子供たちを応援
  • 東京で未来の夢を実現
  • オリンピック開催記念セール
  • 2020円キャンペーン
  • 祝・夢の祭典
  • 祝・東京決定!
  • 7年後の選手を応援しています
  • 「東京」「2020年」の使用(セット・単体ともに)

NGの恐れのあるオリンピック広告表現例|JARO 日本広告審査機構より引用

2020円キャペーンでもだめって、いや〜厳しい。

事情はよく分かるのですが、せめてスポンサーじゃなくても選手を応援するくらいは認めてくれてもいいんじゃないかと思いますが、みなさんはどう思いますか?


関連記事