【賛否両論】次期iPhoneにはApple Watchの”あのボタン”が搭載される…かも?

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

今までもさまざまな特許を提出・取得しているAppleですが、今回の特許は賛否両論の予感が…。

なんでもApple Watchに搭載されている「デジタルクラウン」を、iPhoneやiPadにも搭載できるようにする特許を取得したんだとか。

洗練されたデザインを好むiPhoneユーザーにとっては、ちょっと受け入れがたい…かも!?

賛否両論の予感

Apple Watchのデジタルクラウンといえば、通常の時計についている竜頭を模しているもの⇓

機能としては押したり回したりすることによってメニューを表示させたり画面をスクロールできるわけですが、これはあくまでも画面の小さいApple Watchだからこそ使う用途はあるわけです。

指でスクロールするのがまったく苦ではない、画面の大きいiPhoneやiPadに必要なのでしょうか?

…と普通は考えてしまいますが、やはりそこはApple。どうやらApple Watchのデジタルクラウンと、iPhone/iPadのデジタルクラウンは用途が違うそう。

なんでも特許には、

▼デジタルクラウンを回す

  • 音量の調整
  • 文字サイズの調整

▼デジタルクラウンを押す

  • 画面のロック
  • 写真撮影(シャッターボタン)

といった使い方ができることを想定しているようです。

これなら確かに便利に使えそうではありますが…。ちなみに9TO5Macが、デジタルクラウンが搭載されたiPhoneのコンセプトイメージを掲載しています⇓

一番上のイメージは、さすがにちょっとデジタルクラウンが大きすぎますが、その下だと「意外に違和感ないんじゃない?」と思うのは私だけでしょうか…w

特許を取得したからと言って実装されるとは限りませんが、みなさんはiPhone/iPadにデジタルクラウンが搭載されたら嬉しいですか?それとも嫌ですか?

参考:9TO5Mac

関連記事