【超注意】スマホ依存のユーザーは70%以上!特にSNSにハマると…うつ病に?(((;゚Д゚)))

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

かみあぷでは以前より「スマホ依存症」や「ネット依存症」についてご紹介してきましたが、今回MMD研究所が最新の「スマホ依存に関する調査」を発表しました。

それによるとスマホユーザーの70%以上が「スマホ依存症を自覚している」との結果に。また、特にSNSにハマっているという方は注意が必要なようです。

なんとSNSにハマっている人はうつ病になりやすいことが分かったそうですよ…!

スマホ依存症のユーザーは20%以上?

MMD研究所は、15歳〜59歳の男女553人を対象に「スマホ依存に関する調査」を実施。「スマホに依存していますか?」という質問に対し、

  • 10代:21.6%
  • 20代:26.4%
  • 30代:21.8%
  • 40代:14.3%
  • 50代:10.0%
  • 全体:18.8%

が、「かなり依存している」と回答。

さらに「やや依存している」は、

  • 10代:51.4%
  • 20代:50.9%
  • 30代:56.4%
  • 40代:51.8%
  • 50代:52.7%
  • 全体:52.6%

とかなり高い数値に…。

「かなり依存」「やや依存」をトータルするとどの世代でも60%以上が「スマホに依存している」と自覚しており、全体では70%以上となっています。

10代〜30代では、もはや「依存してない」と答えられる人の方がマイノリティと言えそうですね…(;´Д`)

さてそんなほとんどのユーザーが依存しているスマホですが、特に「SNSにハマっている」という人にはさらなる注意が必要なようです…。

SNSにハマるとうつ病に…?

米ピッツバーグ大学医学部の研究チームが19〜32歳までの男女1,787名を対象に「SNSが精神に及ぼす影響について」調査を行ったところ、SNSを利用すればするほどうつ病になりやすいことが判明。

調査の対象となった1,787名のうち、25%以上が「うつ病になる可能性が高い」とされ、

  • SNSの利用頻度が低い人に比べ、頻度が高い人がうつ病になるリスクは2.7倍
  • 1日中SNSを利用していると答えた人は、うつ病になるリスクが1.7倍

と分かったそうですよ(((;゚Д゚)))

対象となったSNSは日本でもお馴染みのTwitter、Facebook、Instagramを始め、YouTube、Snapchat、Reddit、Tumblr、Pinterest、Vine、LinkedInなどで、調査の結果SNSの利用時間は1日平均61分、複数のSNSを合計した週の利用平均回数は30回だったそう。

なので、これ以上の時間や回数をSNSに費やしている方は注意した方がいいかもしれません。

研究を行ったLuiyi Lin氏によると「すでにうつ病の人がSNSで喪失感を埋めている可能性もある」としながらも、「それがSNSのさらなる利用を促進し、依存症を発生させている」と解説。

また「SNSがなぜうつ病を引き起こすのか」という原因については、友人らの投稿を目にすることで「他の人は幸せで充実した人生を送っている」といううらやむ気持ちがトリガーになっていると指摘しています。

以前、「Facebookが普及している県ほど幸福度が低い」との調査もありましたし、何事もほどほどに…というのがいいのかもしれませんね。

これからの時期は特に「BBQしたよ☆」「海に行ってきた〜」なんてリア充投稿も増えてくるので、みなさんSNSには細心のご注意を…!

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:MMD研究所, Forbes

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事