“アレ”を変えるだけで写真うつりが100倍良くなる?実際に試してみたぞッ

更新日:

by yumi

最近は自撮りが一大ブームとなっていますが、なかなか自分の良いアングルを見つけるのって難しいですよねぇ…。

ですが、ほんのちょっと”アレ”を変えるだけで、人に与える印象がグンと良くなる撮影方法があるんだとか!

ということで実際に試してみましたよ!

印象が良い写真を撮るには…◯◯を変えるだけ!

カリフォルニア工科大学が行った実験によると、なんと“2m離れて撮影するだけ”で見る人に好印象を与えることができるんだとか。

実験は、

  • 2フィート(約60cm)離れて撮った写真18枚
  • 7フィート(約2m)離れて撮った写真18枚

計36枚を本人や研究所のスタッフ、インターネットユーザーなどに閲覧させ、「どちらがより信頼できるか、魅力があるか、有能に見えるか」を判断してもらったそう。

結果は、あらゆる面で2m離れた写真に軍配が上がったそうですよ!

ちなみに実験に使われた写真がこちら↓確かに写り方が全然違いますね。個人的には、心なしか2mから撮った方が優しそうな印象を受けました。

ということで実際に60cmから撮った写真と、2mから撮った写真で試してみたいと思います!

まずは60cm。

そして2m。

そして撮った写真がこちら(上記の実験画像と同じく、モノクロにしてみました)↓

どうでしょう?全然違いませんか、これ!

カラーで見るとこんな感じ↓

どちらも自分の見飽きた顔ですが、個人的に「今日は写真写りいいな」と思える顔は右一択w 左の顔で写った場合はフォトショ先生に頼りたくなります\(^o^)/

ということで、今回試した結果は…2m離して撮影する価値、超アリ◎

人の顔だと「どっちも一緒じゃん…?」と思うかもしれませんが、ぜひみなさんご自分で試してみてください!その違いに驚くと思いますよ☆(ゝω・)v

参考:Mail Online via 秒刊SUNDAY

関連記事