濡れても乾く?iPhoneが変形?Appleの気になる特許まとめ

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

iPhoneやiPad開発のため、様々な新しい特許を取得しているApple。

3D TouchやTouch IDのような実用的に思える技術もあれば、びっくりするような一風変わった技術もあって「その発想はなかった!」と思えるような物もチラホラ。

そこで今回は最近公開されたAppleの特許の中から、ちょっとこれは…と思ってしまうようなものをピックアップしてご紹介したいと思います!

濡れても中から乾く特許

まず最初にご紹介するのが、防水に対応した特許。

iPhone内部に水が浸入してきたとしても、iPhoneの電気を使ったり、音の振動を利用したりして、スピーカーやマイクの穴から水滴を排出できるというものになっています。

大体の防水機能というのは、「いかに水の浸入を防ぐか」になっていますが、この特許はそんな発想を転換して「いかにはやく水を追い出すか」ということがテーマ

今までApple製品は防水機能とは無縁でしたが、Apple Watchでは耐水機能が備わったり、iPhone 6sでも新たな防水対策を採用されるなど、ここ最近は防水に力を入れているので、将来的には、iPhoneユーザー長年の悲願だった完全防水仕様になるかも知れませんね!

(参照リンク:米国特許商標庁

四隅からエアバッグが出てくる特許

iPhoneが地面に落下して画面がくもの巣…というのはiPhoneを使う上で最も恐ろしく、そしてもっともよくある悲劇。しかし、ついにこれを回避出来るときが来たかも知れません。

それを実現してくれるのが、Appleが開発したエアバッグ技術iPhoneが落下すると、四隅がびよーんと伸びて衝撃吸収バンパーが出てくる仕組みになっています。

画面が割れてしまう原因の多くは四隅から落下したのが原因なので、四隅を保護するだけで割れにくさが大分変わってくるとか。

いやーさすがにアイデアは面白いんですが、さすがにこれは特許としてのアイデア止まりでしょうね。機能はともかくシャキーンと変形するiPhoneを見てみたい気はしますがw

(参照リンク:米国特許商標庁

足が出て画面を守る特許

最後にご紹介するのは、前面からプロテクターが飛び出す特許。

先ほどの四隅が伸びる特許に近い感じですが、今度のは「本体の四隅」ではなく「液晶画面の四隅」からプロテクターが出てくるというもの。

iPhoneの落下を察知すると自動的に画面の四隅からプロテクターが出てきて、落下時の衝撃を和らげてくれます。

固い地面にiPhoneが叩きつけられると容易に割れてしまいますが、iPhoneから出た足がその身代わりになるので最悪の事態を防げるようになるとか。

ただしコチラもデザイン的にはちょっと微妙な気がするので、このままの形での採用は難しそうですね。

(参照リンク:米国特許商標庁

というわけで、ユニークなAppleの特許を紹介してきました。

「さすがにそれは…!?」と言いたくなるようなぶっ飛んだものもある反面、「実現したら面白そうだな〜」と思える物も取りそろえられています。

「機能を高める」よりも「新しい発想」の特許が多くなっているのは、さすがAppleと言った所でしょうか?

来年にはフルモデルチェンジが予測されるiPhone。これらの特許が活かされて、より魅力的なデバイスになって欲しいですよね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事