音楽に特化した「YouTubeMusic」アプリ、まずはアメリカで配信開始!

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

YouTubeから新たに音楽に特化した新アプリ「YouTube Music」がリリースされました。

公開されたのはアメリカのApp Storeのみで、他の国では現在利用不可。今後のリリースについても明らかにはなっていませんが、日本語の公式ページも公開されているため、順次対応していくものと思われます。

音楽に特化しているだけあって、様々な便利機能が使えるようですよ!

音楽だけの「オーディオモード」を搭載

「YouTubeMusic」では、レーベルが提供したミュージックビデオとして提供されていない楽曲の再生や、動画を配信せず音楽だけを再生する「オーディオモード」、関連性の高い楽曲をレコメンドして連続再生する「ステーション」機能などを搭載。

米国ではすでに開始されている「YouTube Red」有料の会員なら広告が非表示になり、オフライン再生バックグラウンド再生が利用できるそうです!(日本はこちらも現在は未対応

「YouTube Red」未登録であれば、「YouTubeMusic」使用開始時に2週間だけその機能を無料で使えるとのこと。

Apple MUSIC、Google Play Music、AWA、LINE MUSICなどなど、音楽定額サービス系はさらに増える形に。一体これからどれが生き延びていくのか分かりませんが、ユーザーとしては競争によるサービスの充実にも期待したいですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Google, YouTube MUSIC

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事