Googleが「公開している個人情報」を確認できるページを公開!プライバシー診断もあるぞ

更新日:

by kimi

こんにちはkimiです。

YoutubeやGoogle+、Gmailに検索などユーザーが利用すればするほど、Googleにはそのユーザーの情報が蓄積されていきます。

そんなGoogleで「どこまで自分の情報が公開されていているのか」を確認、変更できる「About me」というページが公開されました。

気付かぬ所で個人情報が公開されているかもしれないので、必ずチェックしておきましょう!

「About me(Google ユーザー情報)」にアクセスして公開情報をチェック

今回Googleが公開した「About me(Google ユーザー情報)」は、Googleに登録してある個人情報やそれに基づく設定を一括で確認したり編集したりできるもの。

さっそくこちらからアクセスしてみみると…。

「連絡先」「住所」「性別」「誕生日」「職業」など、モロに個人情報といえる内容が出てくる出てくる。改めてGoogleが以下に生活に密着しているかを実感しますよ。

そして各項目は「一般公開」となっているのか「非公開もしくは限定公開」なのかも確認が可能。「非公開」の場合は文字をタップすると、閲覧できるユーザーを変更できます。

もし公開しておきたくない情報があったら「非公開」にするか、ペンマークをタップして内容を修正しちゃいましょう。

また、一番下までスクロールすると、「プライバシー設定」という項目があり、「プライバシー診断に移動」というリンクがあります。

こちらをタップすると、Googleがこれらの個人情報をどの程度広告の表示に使うかなどを設定できます。

なぜか現段階では「ようこそ」の文章しか表示されないので、左上の「←」をタップして戻るとプライバシー診断が開始されます。

プライバシー診断では、

  • 他のユーザーが自分のプロフィール欄からどんな情報をみられるか
  • アプリやブラウザのアクティビティやYoutubeの検索・再生履歴を保存するか
  • 位置情報を保存するか
  • 音声入力による情報を保存するか
  • 興味や関心・年齢・性別によって広告を変化させる機能をオンにするか

などの設定を確認した上で変更が可能。ここで改めてGoogleがどんなデータを蓄積しているのかを理解して、保存する内容を見直すのもおすすめです。

オンラインが当たり前の時代だけに「気づかぬうちに自分の思っていた以上に個人情報を公開していた!」なんてことにならないよう、Googleのアカウントを持っている人は、ぜひ「About me」にアクセスしてチェックしてみてくださいね!

▼Google「About me」はこちらから!
ユーザー情報


関連記事