緊急時に使える!?iPhoneにTouch IDを利用した「パニックモード」を搭載か

投稿日:

by SHAN

Photo credit: Janitors / Foter.com / CC BY

こんにちは、SHANです。

米特許商標庁が公開した文章によると、この度Appleが独自技術「Touch ID」を利用した新しい機能の特許を取得したことが分かりました。

その特許は「パニックモード」と呼ばれ、Touch IDに特定の指で触れると「指ごとに設定された機能」を起動させられるというものだそう。

どうやら緊急時に役立つもののようですよ!

緊急時に便利な「パニックモード」

この度Appleは「Touch ID」を利用して、緊急時に特定の機能を素早く呼び出すことができる「パニックモード」と呼ばれる特許を取得しました。

現在「Touch ID」では、あらかじめ登録しておいた指で触れることによりロックを解除することしかできませんが、「パニックモード」ではそれぞれの指に緊急の機能を登録できるそう。

たとえば親指でロックを解除した場合には「端末データにロックをかけて個人情報へのアクセスを完全に遮断」できたり…、

小指でTouch ID認証させた場合にはiPhoneのカメラで動画撮影が開始され、撮影されたデータや位置情報を警察や病院などの機関に直接送信するなどの利用法も考えられているようですよ。

Appleは取得した特許を必ずしも端末に導入するわけではありませんし、間違って触っちゃったらどうするの?なんて疑問も残っていますが…

いざというときにこういった機能が使えれば、「iPhoneが命を救ってくれた」なんて話がいま以上に増えそうな予感がしますね!


関連記事