M2チップ搭載MacBook AirのSSD処理速度はM1モデルよりも低速?米メディアがレビュー

投稿日:

by kenji

Apple

AppleはM2チップを搭載したMacBook Airを本日7月15日発売。

米国メディアが、M2チップ搭載ベースモデルのMacBook Airについてレビュー記事を公開し、話題になっています。

M2チップ搭載MacBook AirのSSD処理速度はM1モデルよりも低速?

THE VERGEはM2チップ搭載MacBook Airの発売に先立ちレビュー記事を公開。

THE VERGEによると、ほとんどのベンチマークでベースモデルのM2チップ搭載MacBook Airの方が、M1チップ搭載モデルよりも高速であることが分かりました。

しかし、ベースモデルのM2チップ搭載MacBook AirのSSDは256GBで、M2チップ搭載13インチMacBook Pro同様、1つのNANDチップしか搭載されていないことが判明しました。

THE VERGEによると、M1チップ搭載のMacBook Airの半分のストレージの処理速度になり、大きなファイルをコピーしたり、8GBのRAMを最大限活用してスワップメモリ​​を使用するように強制するマルチタスクを実行しようとすると、処理速度が低下します。

THE VERGEは、快適に使用するためにはベースモデルのM2チップ搭載MacBook Airを回避したほうが良いと伝えています。

ハッキングされているiPhoneの確認方法チェック項目7つ!3つの原因と解決方法

参考:THE VERGE 写真:Apple

関連記事