iPhoneの生みの親「スティーブ・ジョブズ」の伝説的なエピソードまとめ

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

本日、10月6日(日本時間)は、Apple創業者にしてiPhoneの生みの親、スティーブ・ジョブズの命日です。

ジョブズはIT業界のカリスマとして知られていますが、それと同時に相当クレイジーなキャラクターとしても有名。

そこで今回は、そんなジョブズ氏のエピソードを10個紹介します。

ジョブズにまつわる10のエピソード

テクノロジーに革命をもたらした、Appleの創業者スティーブ・ジョブズ

彼はiPhoneをはじめ、Mac、iPod、iPadなど様々なデバイスを世に送り出してきました。

しかし、すい臓ガンのため2011年10月6日に死去。彼がこの世を去って早くも4年が過ぎた事になります。

今回はジョブズの命日と言うこともあり、ジョブズにまつわるエピソードを紹介。

今まで知らなかったジョブズの姿が見えてくるかもしれませんよ。

初対面の社員を首にする

ジョブズがエレベータの中で偶然一緒になった社員に「君は、Appleのために何をしている?」と問いかけたところ、この社員はびっくりしてすぐには答えられませんでした。

するとジョブズ氏はブチ切れて「すぐに答えられない奴なんて首だ首」と、あっさり首に。この社員もたまったもんじゃないですよね…。

面接でセクハラ三昧

従業員の面接の時に、ジョブズは「ねぇねぇ、君は何歳の時に初めてセ○○○したの?」と堂々と質問。

きょとんとしている応募者に、「ねぇねぇ、もしかして童○?未だに○貞なの?」と追い打ちをかける始末。

応募者は真っ赤になり、合否を聞く前に面接室を出て行ったそうです。

奥さんと子供は生活保護で生活していた

ジョブズには23歳の時の子供がいましたが、長年認知をしていませんでした

そのためジョブズが社長であるにもかかわらず、奥さんと子供は長年生活保護で生活していたそうです。(現在は認知)

民間療法にこだわったため死んだ

ジョブズにすい臓ガンが見つかったとき、すぐに手術をすれば治る状態でした。

しかし化学療法を嫌い、ヨガや針治療などの民間療法しか受けなかったため、ガンが進行し取り返しの付かない状態に…。

これに関しては、ジョブズも「手術を受ければ良かった」と相当後悔したそうです。

とにかく口が悪かった

仕事でミスをした人には容赦なく、「フ○ック!このタ○なしのケ○穴野郎め!」などと怒鳴り散らすこともしばしば。

やたらと自己中心的な発言が多かったため、「米国で最も嫌な上司」リストに載ることもありました。

愛車にナンバープレートは付けなかった

カリフォルニア州の法律では「新車は半年以内にナンバープレートを付ければ良い」となっていたため、半年ごとに新車を買い換えて、ナンバープレートを付けない生活を送っていたそうです。

しかもその愛車は、身障者用の駐車スペースに止めることが多かったとか…。

ボーナスを独り占めした

ジョブズがアタリ社で勤務していたとき、親友のウォズニアックに手伝ってもらいゲームハードを開発。

その開発があまりにも早かったため、アタリ社からボーナスが支給される事になりましたが、ジョブズはそれを独り占めしました

最後まで、ウォズニアックには具体的な金額を一切教えなったそうです。

不潔過ぎて夜勤に変えさせられる

また、ジョブズはアタリ社で働いているとき、「不潔」を理由に夜勤に変えさせられました。

ほとんどお風呂に入らなかったり、社内を素足でぺたぺた歩いていたため、同僚から苦情が出ていたのが原因だとか。

野菜しか食べなければ体臭が発生しないので、お風呂は必要ない。と信じていたそうです。

お父さんはシリア人

シリア人難民が話題になっていますが、実はジョブズのお父さんもシリア人でした。

ただし、生まれてすぐに養子に出されており、お父さんとは死ぬまで一度も会おうとしなかったそうです。

PCが大嫌いだった

ジョブズは大のPC(WindowsPC)嫌いで知られており、「PCなんて売るなら、犬のうん○でも売った方がまだましだ!」と発言。

他人と会うときには挨拶のように「PCなんかクソ食らえ」と言っており、そのスタンスは生涯変わらなかったそうです。

と言うわけで、ジョブズのエピソードをご紹介してきました。

冷静に考えるとろくなエピソードが無かったような気もしますが、ジョブズがいなければMacもiPhoneも存在しなかったので、コンピュータの偉大な人物であることには変わりありません。

そんなジョブズのご冥福を祈り、黙祷………。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
こんなに伏せ字の多い記事を書いたのは初めてでした。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事