iOS16ベータ4 iPhone14 Proのロック画面の常時表示の詳細判明!内部ファイル発見

投稿日:

by kenji

EverythingApplePro/YouTube

今週Appleは、iOS16開発者向けベータ4をリリース。

米国メディアが内部ファイルを発見し、iPhone14 Proのロック画面の常時表示の詳細が判明し、話題になっています。

iOS16ベータ4 iPhone14 Proのロック画面の常時表示の詳細が判明

9to5Macは、iOS16開発者向けベータ4の内部ファイルを発見し、ロック画面の壁紙のiPhone14 Proの常時表示モードの詳細を確認したとのことです。

9to5Mac

iOS16は静止画像を壁紙として使用せず、リアルタイムでレンダリングされた多層ベクトルで構成され、通常の明るい画面と、Apple Watchの常時表示のロック画面とよく似た暗い「スリープ」状態の画面があります。

iPhone14 Proの画面をオフにすると、ロック画面の壁紙は「スリープ」バージョンに切り替わり、画面をタップするか、電源ボタンを押すと、壁紙が最大の明るさで表示されます。

iPhone14 Proでは、画面がオフでも、ユーザーが選択している時計とウィジェットも表示されます。

iPhone14 Proのディスプレイは、1秒あたり1Hzまで下がる新しい可変リフレッシュレート表示を取得し、現在のディスプレイよりも消費電力が少なくなるはずだと、噂されています。

「50m防水」は50m潜れる訳じゃない!?意外と知らない防水性能の表示アレコレ


関連記事