Siriがさらに賢く?Appleが人工知能開発会社を買収

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

Appleが人工知能を開発している企業を買収しました。

この買収によってSiriがさらに賢く、そしてiPhoneに「写真自動分類機能」が搭載される可能性が出てきましたよ。

一体どのような機能になり得るのか、さっそく見てみましょう!

自動で写真を分類?

10月6日、Appleが人口知能開発企業のPerceptio社を買収しました。

このPerceptio社は主にスマホ上の写真を分類する人工知能を開発している企業です。

AppleがなぜPerceptio社を買収したのかは明らかにしていませんが、おそらく一番の目的は「iPhoneにある写真を、人工知能で自動的に分類すること」

OS Xの『写真』アプリには人物ごとに写真を分類出来る「人々」という機能がありますが、これをiPhoneでも実現出来るようにする計画がApple内部にあるのだと思われます。

もし、iPhoneが自動的に写真を「人物」で分類してくれるようになれば、「私が写っている写真」「お父さんが写っている写真」「友達が写っている写真」など、それぞれの人物ごとに表示してくれるので、「あの人の写真が見たい」というときも手間なく表示。

将来的には、「海に行ったときの写真」「お寿司を食べているときの写真」「友達の家にいるときの写真」など、人物以外の細かい分類にも対応出来るようになるかもしれません。

さらにAppleはSiriにも力を入れているので、写真を音声で検索/表示出来るようになる可能性もあります。

例えばSiriに、「hey Siri!ボーイフレンドと一緒にタコスを食べたときの写真を出してちょうだい」と言うだけで、その時の写真をピンポイントで出してくれることになるかも。

そうなれば、いちいちカメラロールから写真を探すことも無くなるかもしれませんよね。

まだまだ買収したばかりで具体的な発表はありませんが、何らかの形でiPhoneの新機能として活用することはほぼ確実。

iOS 10やiPhone 7でこういった機能が出てくるかと思うと、今から楽しみですね!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
写真を分類するのは思いのほか面倒…。途中で写真の整理を諦めて、カメラロールがカオスな事になっている方も多いのでは?
参考:tc

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事