iPhone 6sは防水?防水じゃない?水に浸してから分解した動画が公開!

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

先日、iPhone 6sの内部にはiPhone 6までのiPhoneにはなかったシリコンシールが貼られており、そのおかげで耐水性能がアップしたということをご紹介しました。

その動画では、動くか動かないかのみ実証していましたが、今回は水につけた後に分解をして、内部の状態まで確認している動画が公開されたのでご紹介したいと思います。

はたしてiPhone 6sの防水性能はどうなっているのか、注目ですよ!

きちんと動いていても内部には水分が残ってる

まずは実験の模様を収めた動画がありましたのでご覧下さい。

早速実験開始です。iPhone 6sのストップウォッチを表示させた状態で水に浸し、2分弱経ってとりだしました。

きちんと動作しているのが確認できます。ここまでは以前紹介した動画の内容と同じですね。

そしてiPhone 6sを分解!今までのiPhoneシリーズにはなかったガラスとLCDパネルの間に不完全ではあるものの水を通さない黒いテープが貼られています。

動画を公開したiFixYouriはApple Watchでもこのようなテープが確認できたと指摘しており、Apple Watchには耐水の規格を取得できていることからやはりこのテープや以前紹介したシリコンテープが耐水性をアップさせている要因と言えそう。

しかし、良く調べてみると前世代までのiPhoneに比べると格段に少ないものの、スピーカー部分、リアカメラ部分、Lightining端子部分に水滴が確認できました。

このことから、iFixYouriは「iPhone 6sが防水か?」という質問には「耐水性は向上したがおそらく違う」と結論付けています。

とはいえ、わざわざ今までになかったテープを貼り付けたということはアップルがiPhoneの耐水性を気にしている証拠。デザインがガラッと変わるであろう次期iPhoneでは、防水と言えるような設計に期待したいですね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事